[Network][バックアップ][RouterOS] ネットワーク機器の設定情報をバックアップする「Unimus」を導入してみた。

     
    • 最終更新日時:2018/01/14 14:57:08

    Embed
    22a47011-cbc9-4ede-9b6c-0264acf632d9.png

    最近はネットワーク機器のアプライアンスであっても、仮想化されるなどハードウェアで運用することは少なくなっているかもしれませんが。
    ネットワーク機器の設定情報の管理はどうなさっていますでしょうか。SSHなどで接続後、Gitなどで履歴管理したりしているのでしょうか。
    そこでちょっと便利なソリューションがあったのでご紹介。

    Unimus
    ”We help to keep your network running”っていうことで、ネットワーク機器の構成情報を履歴付きで保存、管理してくれるツールになります。構成的にはJavaみたいですね。
    ただ、そのおかげで構築環境はLinuxをはじめWindowsでも稼働できるようです。とりあえずであれば以下のスペックがあれば構築できる模様。

    1000 devices in Unimus or less

    512 MB RAM
    2-core CPU

    RAM requirement is for the Unimus service only.
    You have to have the required amount of RAM for the OS and other services on the system.

    Database size and performance requirements depend on:
    - the number of concurrent logged-in users
    - the periodicity and retention of backups

    In general, any database server should be able handle the load.


    ちなみにサポートされるネットワーク機器は多いです。主要なところでは、Cisco、Juniper、Arista、HUAWEI、Extreme、Brocade、Ubiquiti、VyOS、そして我らがMikrotikまで、と。かなりありがたいです。
    Supported vendors/devices - Unimus - Unimus wiki

    先に公式Webサイトでアカウントを作成する必要があります。というのもとりあえず無料版であってもアカウント作成後に発行されるライセンスキーが必要なためです。

    構築方法については、以下のWikiを参照のこと。
    Home - Unimus - Unimus wiki
    Ubuntu/Debianであればレポジトリが用意されていますが、CentOSとかだとJarもしくはWarから実行してやる必要があるようです。Windowsはインストーラーが用意されているのでだいぶお手軽。
    ちなみに今回確認した環境は以下の通り。
    # cat /etc/redhat-release 
    CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
    # uname -r
    3.10.0-693.11.1.el7.x86_64

    OpenJDKを導入して、javaコマンドからjarファイルを実行する形をとりました。

    うちの環境だと起動が完了するまで90秒ほど待たされました。その後、http://<machine-ip>:8053へ接続すると、設定ウィザードが開始されるので、それに従って設定していくだけです。
    途中でアカウント作成後に発行されるライセンスキーを入力するところがあるので、間違いないようにしましょう。

    229c2997-1fda-4a87-859a-d224ef40489c.png

    うまくいくと、上のようなダッシュボード画面になると思います。ここから、接続を行い設定情報を取得するデバイスの設定やバックアップスケジュール、認証情報の追加や削除、メールやSlackを利用した通知の設定、あとはRADIUS連携の設定などもできますね。

    バックアップ画面からは、バックアップした設定内容の参照や、過去の設定情報とのdiffをとったり、revision毎にダウンロードしたり、メールで送信したりもできます。このあたりは意外に便利なんではないでしょうか。

    c0512799-0442-4b46-b59f-07205a6160e7.png

    ちなみに設定全体から全文検索もできるので、あのパラメータはほかのとの違うのかなぁとかの検索もできます。

    d7ed6f13-4552-42de-8a8c-d5fa10c6d909.png

    登録する機器が多い場合は、IPアドレスリストで一括importできたり、CSVファイルなどでも大丈夫です。

    また、面白い機能として、NetXMSやZabbixと同期して、管理するネットワーク機器を一括で引っ張ってくるなどもできるそうです。これは台数が多い場合なんかはいいんじゃないでしょうか。

    347259fd-78f2-419c-a377-9c21c9ff35ba.png

    wikiをのぞいてみていただければ分かるように、Java由来のオプションなどもあってTuningなdもできるので、とりあえずはここを参照してみてください。私は、大きなサイズの設定情報をバックアップするときに、タスクのタイムアウト値に引っかかっていたので、それを修正する必要がありました。

    今まで私は設定情報をとりあえずGmailなどで保管しておりましたが、ようやく手元で簡便にかつ履歴管理が出来るようになりました。

    そうそう、無料ライセンスは管理できるネットワーク機器は5台までに制限されていますのでご注意ください。
    関連記事


    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    https://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/2095-ab2e5fea

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometchtech

    Author:kometchtech
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。
    2018年6月、Xperia XZ1 compactに機種変。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FCカウンター

    オンライン

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング