[Linux][Kernel][ATA] Linux Kernel 4.1ではATAのNCQの自動対応をサポート?

     
    • 最終更新日時:2015/04/15 13:49:04


    Linux Kernel 4.1に対して、ATA NCQの自動感知に関するプルリクエストがされた模様。

    新しい ATA コマンド仕様 (ACS 4) に絡んだもののようですが、これに寄ってSCSIエラー処理に関する情報を取得できるようになるようです。

    今のところはMicron M500やHGSTのUltrastar 7K6000のような新しいディスクのみ対応しているようですが、今後提供されるディスクの対応は増えていくと思います。

    現在はクラウド全盛なので、このプルリクエストにおける影響を受ける人は殆どいないと思いますが、ベアメタルやデスクトップ運用している人にとっては気になる情報になるかもしれません。


    関連記事


    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    https://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1833-9e063178

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク