[Routerboard][Mikrotik] Routerboard製品でのPartition機能の使いドコロ。#routerboard

    • 2014/04/02 10:21:25
    • Category: mikrotik
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Manual:Partitions - MikroTik Wiki /
    http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:Partitions

    最近Routerboardユーザーが増えてきて嬉しい限りなのですが、最近問い合わせの多い問題について応えていこうと思います。

    というのもRouterboardユーザーなら一度はRouterOSのアップデートをしたことがあるとは思いますが、その際にアップデートに失敗して起動してこなくなったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
    そうなってしまうと通常の復旧手順としてはNetinstallを使用してのOSイメージの上書きだと思います。

    このことについてMikrotikに問い合わせたところ、Partition機能を使えばいいんじゃないか?という回答が返ってきました。

    ということでPartition機能を使ってみようと思います。
    GUIからでも出来るのですが、分かりやすさを兼ねて今回はCLIで作業を実施します。

    1. telnetもしくはsshで該当端末にログインする。

    2. 以下のコマンドを実行し、Partitionを分割する。ここでは分割したいPartitionの数を入力します。そして、自動的にメモリ領域が分割され、Partitionとして割り当てられます。
    Partitionは最大で8個まで分割が可能で、それぞれ最低以下の要領が必要になります。
    [admin@MikroTik] > /partitions repartition partitions=<分割数>

    32MB on MIPS
    40MB on PowerPC
    48MB on CCR


    3. 問題がなければyを入力する。
    Repartitioning requires reboot. Continue, yes? [y/N]:

    4. まずはPartitionが分割されたことを確認する。
    [admin@MikroTik] > /partitions print
    Flags: A - active, R - running
    # NAME FALLBACK-TO VERSION SIZE
    0 R part0 next RouterOS v6.12rc1 M... 64MiB
    1 A part1 next EMPTY 64MiB

    5. Part1が作られたのがわかると思います。次にPartitionの中身が空なので、現状のPartitionの中身をコピーします。
    [admin@MikroTik] > /partitions copy-to part1
    status: done

    6. 再度中身を確認します。
    [admin@MikroTik] > /partitions print
    Flags: A - active, R - running
    # NAME FALLBACK-TO VERSION SIZE
    0 R part0 next RouterOS v6.12rc1 M... 64MiB
    1 A part1 next RouterOS v6.12rc1 M... 64MiB

    7. ここで、FALLBACK-TOがnextの場合、そのPartitionで起動が失敗したなどの場合は違うPartitionから起動しようとします。というわけでここでPartitionのコピーを取っておけば、何かあっても復元が可能ということです。

    8. 毎回 Copy-toコマンドを実行した場合、Partitionの中身が一回全消去されるので、逐次コピーをする場合は、save-config-toコマンドを実行します。
    [admin@MikroTik] > /partitions save-config-to part1
    status: done

    9. 起動に問題が発生したPartitionがあり、なんとか問題のないPartitionから起動できた場合は、restore-config-fromコマンドを実行して、書き戻すことが可能です。
    [admin@MikroTik] > /partitions restore-config-from part0


    というわけで、正常に起動しているうちにというか、起動したらまずはPartition機能を使い、予備のPartitionを作った後から作業されるのが良いと思います。


    関連記事


    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    https://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1421-fec00a23

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク