HTC Desire HD、購入。

    • 2010/10/31 00:06:55
    • Category: Android
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    20101030_compressed.jpg

    HTC - Products - HTC Desire HD - Overview /
    http://www.htc.com/asia/product/desirehd/overview.html

    Softbankモバイルからも販売することが決まっている、HTC Desire HDを海外輸入して購入してみました。
    海外購入ということで、所謂SIMロックがかかっていない端末となります。

    当たり前のことですが海外から輸入しているので表示言語が英語になっています。こちらについては「Morelocal2」を使用することで、日本語に切り替えることが出来ました(ただし、漢字についてはCJKフォントと呼ばれる中国語などと共通のフォントが使用されているために、若干見慣れない漢字が表示されることになります)。

    まぁ、あとはAndroidマーケットなりから気になるアプリケーションをインストールするなどして使用できます。

    短期間でありますが使用した感想ですが、私としては初のAndroid端末なのでxperiaやGalaxy Sなど他のAndroid端末と比較してはいませんが、非常に軽快に動作しているので使いやすいと思っています。また、先日発売されたGalaxy Sよりもバッテリ容量よりも小さいので、待ち受け時間が短いと思っていたのですが、思ったよりも長時間使用できそうな(1日、無線LANでTwitterなりを使用して)感じなので、普通に使用する分にはバッテリの心配はしなくても良いのではないかと思います。

    因みに私は、英国のhandtecというWebショップで購入しました。Webを見ている感じですと日本の方が海外から購入するときには選択肢になるWebショップのようです。

    Buy Sat Nav TomTom Garmin HTC PDA Tom Tom GPS Cheap - Reviews /
    http://www.handtec.co.uk/

    金額は、Desire HD本体が394.99ポンド、スクリーンプロテクタで2.99ポンド、送料で39.90ポンド、合計で437.88ポンドでした。10月31日現在だと日本円にして約5.6万円というところでしょうか。
    英国時間の10月26日に発送されて、受け取りは10月28日でした。出荷から受け取りまでの期間が非常に短くてとても助かりました。

    11月にはSoftbankからも販売されるので、気になる方への情報の一つにでもなればと思います。

    また、これからはAndroidに関する情報も掲載できればなと思っています。



    関連記事

    qpstudy #03 に参加してみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    DSCN0895_compressed.jpg

    第3回 qpstudy03 - キユーピー3分インフラクッキング 公式Webサイト /
    http://sites.google.com/site/qpstudy/qpstudy03

    第2回も参加させていただいたqpstudyに、第3回目となる今回も参加してきました。
    会場は、大森にあるニフティ株式会社さんで行われました。
    今回はスタッフとして参加しておりました。しかし、あまりお手伝いできず、どっちかというとドアマンが主な仕事になっておりました。次回も参加できるのならば、会場のサポートも出来るように頑張りたいと思います。

    で、本編なのですが内容については他の参加者の方のBlog等をご覧ください(他力本願でスミマセン)。
    ただ、より対選手権が思ったよりも好評なのが印象に残っていました。ビアバッシュという懇親会でも、隅っこの方で何人かの方々がケーブルを作成していた風景が印象に残っています。

    今回も色々な方と出会うことが出来たこと、色々なお話をお伺いすることが出来たことは大変な収穫だったと思います。
    次回もまた、えっちらおっちら大阪から遠征・参加しようと思います。

    今回のqpstudy#03について、どのような雰囲気、内容であったかはUstreamの方もありますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

    キユーピー3分インフラクッキング -初心者にも優しいインフラ勉強会- #qpstudy 10/09/10 03:55AM, キユーピー3分インフラクッキング -初心者にも優しいインフラ勉強会- #qpstudy 10/09/10 03:55AM qpstudy on USTREAM. 会議... /
    http://www.ustream.tv/recorded/10088728

    あと、主催者の方のBlogはこちらになります。

    ネットワークエンジニアからみたITの世界やら /
    http://iarai.seesaa.net/



    関連記事

    Microsoft、2010年9月の定例外のセキュリティ情報、公開。

    • 2010/10/02 03:48:51
    • Category: Security
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    2010 年 9 月のセキュリティ情報 /
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-sep.mspx

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-070 - 重要 : ASP.NET の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2418042) /
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-070.mspx

    MS10-070 定例外のセキュリティ情報 FAQ - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs /
    http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2010/09/30/3358867.aspx

    MSが定例外の修正パッチ「MS10-070」公開、ASP.NETの脆弱性に対応 -INTERNET Watch /
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100929_396790.html

    少し遅くなりましたが、Microsoftから定例外のセキュリティ情報が公開されています。
    今回は、以前に脆弱性が報告されたASP.NETに関連する脆弱性の修正になっています。

    引用元:マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-070 - 重要 : ASP.NET の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2418042)
    このセキュリティ更新プログラムは ASP.NET に存在する一般に公開された脆弱性を解決します。この脆弱性で情報漏えいが起こる可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ビュー ステートなどのサーバーによって暗号化されたデータを読み取る可能性があります。この脆弱性はデータの改ざんにも使用される可能性があります。この脆弱性の悪用に成功した場合、サーバーによって暗号化されたデータが解読され、改ざんされる可能性があります。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 より前の Microsoft .NET Framework のバージョンはこの脆弱性のファイルの内容の漏えいについては影響を受けません。

    引用元:Impress IT
     マイクロソフトによれば、脆弱性はWindows Server OSで使われるすべての.NET Frameworkコンポーネントが影響を受け、既にこの脆弱性を悪用しようとする限定的な攻撃も確認されているという。また、Windows 7/Vista/XPなどのデスクトップOSについても脆弱性があるが、ウェブサーバーを運用していない場合は脆弱性の影響は受けないとしている。

    また、日本のセキュリティチームのBlogに今回の修正についてFAQが掲載されていますので、そちらも参考にしてください。対象はXP/2003/Vista/2008/7になっていますので、出来る限り適用するようにしましょう。



    関連記事

    ZFS開発者、Jeff Bonwick氏がOracleを退職。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    ZFS開発者、Oracleを去る | エンタープライズ | マイコミジャーナル /
    http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/30/037/index.html

    SolarisやFreeBSDが採用しているファイルシステムにZFSがありますが、それを開発していたJeff Bonwick氏がOracleを退職したそうです。

    引用元:ZFS開発者、Oracleを去る | エンタープライズ | マイコミジャーナル
    Sun Microsystemsで、そして今はOracleでSolaris/ZFSの開発に従事してきたJeff Bonwick氏が30日(米国時間)をもってOracleを退職することを発表した。20年に渡るSun/Oracleでの業務から離れることになる。

    さらに、今回の退職を持って新規事業の立ち上げを行うため、ZFSの開発からも手を引きそうということです。ZFSコミュニティの方は確認しておりませんが、ここまで採用されている実績がある以上、当分の間は開発は継続されるモノと思われます。こちらの方の事情をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけますと幸いです。

    Oracleからは旧Sun Microsystemsのメンバーが次々と退職していく様子を見ていると、どんどんSunの面影が消えていくのを少し寂しく思えます。



    関連記事

    OpenOffice.orgコミュニティの主要メンバーの一部、新しく「The Document Foundation」を立ち上げ。今後は「LibraOffice」を提供。

    • 2010/10/02 03:17:01
    • Category: Software
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Welcome to The Document Foundation! - The Document Foundation /
    http://www.documentfoundation.org/

    OpenOffice.orgのコミュニティメンバー、新組織「Document Foundation」設立 -INTERNET Watch /
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100929_396917.html

    The Document Foundationができた。よりよいcommunityを目指して - 中田真秀(なかたまほ)の研究用ブログ /
    http://blog.goo.ne.jp/nakatamaho/e/9f416fd78be05c2ead8a671cd6724c66

    SunがOracleに買収され、今後の動きが色々と噂されていたOpenOffice.orgですが、この開発に関わっていた主要メンバーが新たに「Document Foundation」を設立、OpenOffice.orgとは別の「LibraOffice」として開発していくということです。

    今回の動きについては以下のWebサイトに詳細にまとまっていますので、どのような流れで今回の動きとなったのかわかりやすいと思います。

    Placebo Effect ≫ LibreOffice登場 - 追記:ニュース記事がまだ間違っているゾ /
    http://www.catch.jp/blog2a/?p=2154

    とりあえずは少し別の形となりますが、LibraOfficeとしてオープンソフトウェアなオフィス製品の開発は継続されるようなので、現在使用されている方は当分の間は使用を継続できることと思います。
    今後、OracleがOpenOffice.orgに対してどのような対応を取るのか気になるところです。



    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    09 | 2010/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク