[DNS][container] CoreDNS 1.2.0からArm64のcontainerイメージが出来てた。

     
    • 最終更新日時:2018/07/12 21:32:09

    Embed
    CoreDNS: DNS and Service Discovery

    k8sにも採用されているDNSコンポーネントであるCoreDNSが1.2.0にアップデートしました。
    で、以前まではArm64なcontainerイメージを作ろうと思ったら、自分でgo buildするか、Githubで公開されているArm64向けバイナリを、自分でcontainerイメージにする必要がありました。

    が、気が付いたらどうやら1.2.0からはオフィシャルでArm64向けのcontainerイメージを作っているようです。

    Card

    タグとしては「coredns/coredns:coredns-arm64」みたいですね。
    これで自分で作る必要が無くなりました。(それにオフィシャルの方がサイズが小さかったです。)

    関連記事

    [Docker][network][ipv6] Dockerのcontainerでipv6を使用し、かつ内から外へ疎通する。

     
    • 最終更新日時:2018/06/18 10:26:04

    Embed
    Screenshot-2018-6-16 Docker と IPv6 — Docker-docs-ja 17 06 Beta ドキュメント

    しっかりとDockerのipv6周りについては理解していないです。ドキュメントも読んでみたのですが、私の知識不足がたたってか、あまり呑み込めていないです。
    Dockerを使用する前から、自宅のネットワーク環境にIPv6を整備しつつあったのですが、機能の一部をDockerに移していたところ、IPv6での疎通がうまくいっていないことをTwitterで呟いていたりしました。

    で、改めてチャレンジした次第。

    関連記事

    [DNS][ARM] Knot DNS 2.6.7をslaveとして使用してみた。

     
    • 最終更新日時:2018/05/21 10:36:03

    Embed
    Screenshot-2018-5-20 Knot DNS

    今まで自宅の環境ではNSD(Master) - NSD(Slave)な環境だったんですけど、少しは変えておきたいなということで、Slaveの1台をKnot DNSに置き換えてみました。
    他にもBINDとかPowerDNS Authとかありますけど、BINDはまぁ・・・、PowerDNS Authは、機材がAarch64環境なのと、小さい環境なんで、DB入れたり、そこまで大きな環境を維持するわけではないので大袈裟かと思い、Knot DNSにしました。

    関連記事

    [ARM][docker][container] docker runすると「ERROR: readlink /var/lib/docker/overlay2」というエラーを吐くようになった

     
    • 最終更新日時:2018/05/20 09:07:30

    Embed
    Screenshot-2018-5-13 docker-compose readlink var lib docker overlay2 invalid argument · Issue #1667 · docker for-mac

    相変わらずARM板でDockerしているわけですが、調子が悪くなってしまったので、再度環境を入れなおしておりました。
    起動しなくなったり、途中でハングしたりするようになって、まったくうまくいっていないのですが、なんとかKernelの入れ替え等で対応してきました。

    そして、Dockerですが、途中から以下のようなエラーが出るようになってしまいました。

    関連記事

    [container][監視][zabbix] Zabbix Serverを移行してcontainerに乗せ換えてみた

     
    • 最終更新日時:2018/04/13 11:17:04

    Embed
    Screenshot-2018-4-8 zabbix zabbix-docker

    自宅ではZabbix Serverを設置しているのですが、監視というよりはパフォーマンスのモニタリングツールになっています。
    このたび、Microsoft Azureに設置していたのですが、諸々の事情によりVPSに移行しました。
    んでこの際なので、今までは普通にOSにZabbixパッケージをインストールして終わりだったのですが、公式にDockerイメージが用意されているので、container化してみることにしました。

    関連記事

    [Docker][Logentries] DockerのlogをLogentriesに投げる設定。

     
    • 最終更新日時:2018/03/05 12:34:25

    Embed
    Screenshot-2018-3-4 Configure logging drivers
    今さらながらDockerと戯れています。
    といっても情報が溢れているx86_64環境ではなく、Aarch64(Arm64)環境に対してですが・・・

    Dockerのlog周りを調べていると、色々な出力に対応しているのを知りました。
    まぁとはいえ基本的に使用されているのは、「json-file」「fluentd」「awslogs」「splunk」「gcplogs」などだと思います。
    うちはベアメタル環境のため、デフォルトのjson-fileでも良いんですが、「journald」「syslog」あたりも選択肢になるのですが、今回は以前にちょこっと触ったことのあるLogentriesに投げるようにしてみました。

    関連記事

    [ #Docker ] Docker 1.12でx86ホストで、armhfなイメージを起動させようと思ったら動作しなくなった件

     
    • 最終更新日時:2018/06/03 22:33:19

    Embed

    過去に上記のような記事を書きましたが、Docker 1.12で試してみたところ動作しなくなっている模様。

    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometchtech

    Author:kometchtech
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。
    2018年6月、Xperia XZ1 compactに機種変。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FCカウンター

    オンライン

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング