[備忘録][処方箋] 25回目のお薬。

     
    • 最終更新日時:2016/10/02 17:19:00

    Embed
    名称色・形・記号用法服用タイミング
    アモキサンカプセル25mg淡赤褐:白/赤1夕食後服用内服薬    1cap
    ジェイゾロトフ錠50mg白/楕円形1夕食後服用内服薬    1錠
    ドグマチール錠50mg白帯/黄白/錠1夕食後服用内服薬    1錠
    リボトリール錠2mg白/錠1夕食後服用内服薬    1錠

    先日まで暑かったせいか、室内にいることが多く、エアコンと家の中にいることのダブルパンチで鬱屈した気持ちが出てくる日が幾日かあり、あまり調子が良くない2週間でした。
    ただ、今週から随分と暑さも和らいできたこと、某会合に参加して元気をもらったことで少し気持ちを上向きに持っていければなぁと思います。




    関連記事

    [Android][SMARTalk] FUSION IP-Phone SMARTalkを使ってみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART /
    http://ip-phone-smart.jp/smart/smartalk/

    初期費用月額基本料0円から始めることができる、IP電話、「SMARTalk」というサービスがAndroidでも使用できるようになったので使ってみることにしました。
    使用方法については公式サイトを参照していただくとして、使用感を述べようかと思います。
    とりあえず、WifiとWiMAX環境で使用してみたのですが、音質に関しては偶にプツっと切れるような感じもしますが(これは個人の環境もあると思います)、概ね常用する分には問題ない感じです。
    連絡先についてもGoogleの連絡先とも連動できますし、別として使用することも出来ます。

    料金に関しても、国内の携帯/PHS、固定電話、050向けに関しては8.4円/30秒、国際電話に関しても8円/30秒、SMARTalk同士なら無料ということもあって、仕事などで使用する、もう一つ電話番号を使い分けるなどの場合には便利だと思います。

    普段はdocomoも携帯を利用しているのですが、こちらはほとんど家族との通話用になっているので、自分の使い方としてはこれからIP-Phoneへ比重を移していこうかと思います。



    関連記事

    [Ubuntu][Kernel] Ubuntu 13.04 のKernelを3.10.9に変更してみた。

    • 2013/08/27 09:56:24
    • Category: Ubuntu
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    How to Install / Upgrade Kernel 3.10.9 in Ubuntu 13.04, 12.04, 12.10 | UbuntuHandbook /
    http://ubuntuhandbook.org/index.php/2013/08/install-upgrade-kernel-3-10-9-in-ubuntu-13-04-12-04-12-10/

    自宅で使用している仮想環境のUbuntu 13.04のKernelは通常3.8.0.29が最新だと思いますが、更に新しい3.10系を使用したく、入れ替えてみることにしました。

    cat /etc/lsb-release
    DISTRIB_ID=Ubuntu
    DISTRIB_RELEASE=13.04
    DISTRIB_CODENAME=raring
    DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 13.04"
    uname -i
    x86_64

    参照先に従い、以下の3つのファイルをダウンロードします。
    wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.10.9-saucy/linux-headers-3.10.9-031009-generic_3.10.9-031009.201308201935_amd64.deb

    wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.10.9-saucy/linux-headers-3.10.9-031009_3.10.9-031009.201308201935_all.deb

    wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.10.9-saucy/linux-image-3.10.9-031009-generic_3.10.9-031009.201308201935_amd64.deb

    Kernelをインストールします。
    sudo dpkg -i linux-headers-3.10.9-*.deb linux-image-3.10.9*.deb

    ブートローダーをupdateします。
    sudo update-grub


    これで再起動を実施すると、Kernelが3.10.9の状態で起動してくると思います。また、現行3.11rc6も出ているのですが、導入してみたところ、KVMが有効にならず動作方法が分かりませんでした。分かる方がいらっしゃいましたら、是非ともご教授ください。



    関連記事

    [Zabbix][NAS4Free] NAS4Free9.1にZabbix Agentを導入してみた。

    • 2013/08/26 10:39:50
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:2015/02/10 19:50:48

    Embed
    自宅ではストレージについて、NAS4Freeを使用しているのですが、snmpでの監視には限界があります。
    たとえばZFSで組んだ場合、snmpだとFreeBSDでの制約から正しい容量を取得できないなどです。
    ということで、Zabbix Agentを導入することで、直接ZFSコマンドを叩くことが出来るのならば、正しい容量を取得することが出来ると思い、導入できるか試してみました。

    導入環境:
    hp Microserver N36L
    Mem: 8GB
    USB boot
    HDD: 1TB *4
    9.1.0.1 - Sandstorm (revision 847)

    まず最初にZabbixソースファイルのダウンロードを試してみたところ以下のメッセージが。
    # wget http://downloads.sourceforge.net/project/zabbix/ZABBIX%20Latest%20Stable/2.0.7/zabbix-2.0.7.tar.gz
    wget: Command not found.

    ならばwgetを導入してみればとやってみたところ、USB Bootのせいか・・・
    /: write failed, filesystem is full
    /varなどの空き容量のあるところで試してみるのもいいのかもしれません。

    とりあえずソースから導入するのは諦めて、パッケージから導入できるか試してみたところ・・・
    # pkg_add -r zabbix2-agent
    Fetching ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.1-release/Latest/zabbix2-agent.tbz... Done.
    Fetching ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.1-release/All/libiconv-1.14.tbz... Done.
    ===> Creating users and/or groups.
    Creating group 'zabbix' with gid '122'.
    Creating user 'zabbix' with uid '122'.
    今度はうまくいきました。

    configファイルは以下のように配置されるようです。
    # ls -l /usr/local/etc/zabbix2/
    total 8
    -rw-r--r-- 1 root wheel 1605 Apr 10 20:08 zabbix_agent.conf.sample
    -rw-r--r-- 1 root wheel 5718 Apr 10 20:08 zabbix_agentd.conf.sample

    あとは通常通りにファイルを編集し、Zabbix Serverにホストを追加し、監視が始まることを確認します。
    ※テンプレートはFreeBSDのものが使用できると思います。

    ただし、このままだと問題が有ります。再起動を実施すると導入したはずのZabbixパッケージがconfigファイルまで綺麗サッパリ消えてしまいます。これについてはUSB Bootによるものだと思いますが、しっかりと検証は行っていません。

    ということで、NAS4Free側からスクリプトが実施できることを利用して、毎回導入編集を行うスクリプトを書いてみることにしました。
    #!/bin/sh

    # Valiable
    ZBX_CONF=/usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf
    ZBX_RC=/usr/local/etc/rc.d
    ZABBIX_SERVER_IP=""
    SERVER_NAME=""

    # add Zabbix-agent
    /usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent

    # copy configure
    /bin/cp ${ZBX_CONF}.sample ${ZBX_CONF}

    # Value reWritable
    sed -i '' -e 's/Server=127.0.0.1/Server='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
    sed -i '' -e 's/ServerActive=127.0.0.1/ServerActive='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
    sed -i '' -e 's/Hostname=Zabbix\ server/Hostname='${SERVER_NAME}'/' ${ZBX_CONF}
    sed -i '' -e 's/\#\ EnableRemoteCommands=0/EnableRemoteCommands=1/' ${ZBX_CONF}

    # auto start config
    echo "zabbix_agentd_enable=\"YES\"" >> /etc/rc.conf

    # Zabbix agent start
    ${ZBX_RC}/zabbix_agentd start

    スクリプト自体は以下にも置いてあります。
    https://github.com/kometchtech/zabbix_nas4free

    あとはSystem.runなどでzpoolコマンドを実行してやることで、正しいZFS容量を取得することなどが出来ると思います。

    間違い等があればご指摘いただけると助かります。




    関連記事

    [Zabbix][nginx] ZabbixのWebサーバをapacheからnginxへ変更してみた。

    • 2013/08/21 10:08:59
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    Zabbix v2.0.4 + nginx v1.0.15 installed - さよならインターネット /
    http://blog.kenjiskywalker.org/blog/2013/01/03/zabbix/

    今までZabbixのWebサーバ?としてapacheを使っていたのですが、軽量、メモリの使用量が少ないと言われているnginxへ乗り換えてみることにしました。

    1. 必要なパッケージのインストール
    # yum install --enablerepo=epel nginx php php-fpm php-devel php-cli php-xml php-mysql php-mbstring php-gd

    2. 変更を少なくするため、Zabbixの諸々が入っているファイルを、nginxのデフォルトルートにシンボリックリンクを張る。
    # ln -s /usr/share/zabbix /usr/share/nginx/html/zabbix

    3. nginxにzabbix用のconfファイルを作成する。/etc/nginx/conf.d/zabbix.conf
    server {
    listen 80;
    server_name zabbix.kometch.local;
    index index.html;
    access_log /var/log/nginx/zabbix/access_log main;
    error_log /var/log/nginx/zabbix/error_log error;

    location /zabbix {
    index index.php;
    }

    location ~ \.php$ {
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index index.php;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
    }
    error_page 404 /404.html;
    location = /404.html {
    root /usr/share/nginx/html;
    }

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page 500 502 503 504 /50x.html;
    location = /50x.html {
    root /usr/share/nginx/html;
    }
    }

    4. log用に/var/log/nginx/zabbixを作成する。
    mkdir -p /var/log/nginx/zabbix/

    5. php-fpmのユーザとグループを変更する。/etc/php-fpm.d/www.conf
    ; Unix user/group of processes
    ; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
    ; will be used.
    ; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
    ;user = apache
    user = nginx
    ; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
    ;group - apache
    group = nginx

    6. 一部ファイルのオーナーを変更する。
    # chown nginx:nginx /etc/zabbix/web/zabbix.conf.php
    # chown nginx:nginx /etc/zabbix/web

    7. 関係サービスを停止、起動する。
    # /etc/init.d/httpd stop
    # /etc/init.d/nginx start
    # /etc/init.d/php-fpm start

    8. http://my-domain/zabbix/にアクセスしエラーが出ないことを確認する。

    参考:
    AWS上にzabbix-server構築してみた (Nginx + php-fpm) - blog.youyo.info /
    http://blog.youyo.info/blog/2013/01/29/zabbix-on-aws/




    関連記事

    [機密][処分方法] 重要な書類を然るべく手段で処分してみた。

    • 2013/08/20 10:17:00
    • Category: Security
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    セキュリティーパック21:ゆうパックで全国集荷・処理のワラケン /
    http://www.waraken.co.jp/secpack21.html

    長いこと会社員をしていると誤って大事な書類をそのまま持っていたりするわけですが、捨てるに捨てられず困っていたのですが、個人を対象に廃棄文書の処理を行ってくれるところを見つけたので、実際に使ってみることにしました。

    サイズは選べるのですが、今回は小さい方を選択してみました。申し込んで1営業日で回収キットが到着しました。内容としてはセキュリティパックBOXと封緘シール、それに着払い伝票となります。
    BOXに処分したい書類を入れ、ガムテープでしっかりと封印し、さらに封緘シールを貼り付けて、今度は郵便へ集荷依頼をするだけです。
    必要に応じて溶解証明書も出してくれるそうなので、捨てられずに困っているような書類を持っている方は、使ってみては如何でしょうか?




    関連記事

    [購入履歴][書籍] 2013年8月18日の書籍購入履歴。

    • 2013/08/19 15:21:46
    • Category: 書籍
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed

    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編
    (2013/07)
    柳内 たくみ

    商品詳細を見る

    発売されているのに気が付かず、昨日たまたま書店に寄ったところ置いてあったので購入。
    主要キャラの一人であるロウリィがなぜ亜神になったのか、富田とボーゼスの結婚式の行方はどうなるのか、そもそもこのお祭り騒ぎの収拾はつくのか、など中々面白い内容でした。



    関連記事

    [勉強会][mikrotik] Routerboard勉強会 vol.1を開催します。 #自宅ラック勉強会 #ipv6study #nwstudy

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    自宅ラック勉強会 #15.0 RouterBoard勉強会Vol.1 - connpass /
    http://connpass.com/event/3208/

    来月の9月14日ですが、最近ハマり気味のmikrotik社のRotuerBoardについての勉強会を開催することになりました。
    そして、一応登壇者ということで自分がメインセッションを喋らせていただきます。
    とりあえず自宅で使用している雑感やTipsなどを話そうかなと思っています。

    既に枠は埋まっているのですが、まだ日が開いておりキャンセルが出る可能性もあるので、気になる方は是非参加してみてください。



    関連記事

    [備忘録][処方箋] 24回目のお薬。

     
    • 最終更新日時:2016/10/02 17:19:00

    Embed
    名称色・形・記号用法服用タイミング
    アモキサンカプセル25mg淡赤褐:白/赤1夕食後服用内服薬    1cap
    ジェイゾロトフ錠50mg白/楕円形1夕食後服用内服薬    1錠
    ドグマチール錠50mg白帯/黄白/錠1夕食後服用内服薬    1錠
    リボトリール錠2mg白/錠1夕食後服用内服薬    1錠

    最近は暑さのせいで体調管理が大変ですが、何とか頭痛や気分の落ち込みもなく、何とかやっていけております。
    このままの調子でいけば、少し薬の量を減らしていくことも考えましょうか、と医師からも言われ、よくなってきているのかなぁという感じです(自分自身はあまり分からないのですが)。

    今後も大きく崩れることなく行けばいいなぁと思っております。



    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク