[Windows8][Preview] Windows 8.1プレビュー版が出たのでインストールしてみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Windows 8.1 Preview - Microsoft Windows /
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/preview

    win81.png

    2013年6月27日にプレビュー版となるWindows8.1が公開されたので、早速インストールしてみました。
    現在執筆している時点ではISOファイルは配布されていないようですが、すぐにでも公開される予定になっているようです。
    現時点では先に「Windows8-RT-KB2849636-x64.msu(64bit版)」をダウンロードし、個別に適用して再起動を実施します。
    再起動後、Windowsストアを実行するとWindows8.1 Previewが大きく表示されているので、ダウンロードならびに適用を実施します。サイズ自体は2.4GB程度あるようなのと、接続数が多いのかダウンロードに時間がかかるので少し待つことになると思います。
    ダウンロードが終わると自動的に適用作業が実施され、数回再起動が行われます。その際、ロゴが魚のロゴになっているのはプレビュー版だからでしょうか?

    正常に適用作業が終わると、「バージョン:6.3.9431 ビルド 9431」としてインストールされていると思います。
    8との違いとしては、スタートの背景が変更された点、Windowsボタンが追加された点、「PC設定の変更」のUIの変更、Internet Explorer 11搭載などがパッと見でわかると思います。また、Windowsストアで更新を実施すると、新規に追加されるアプリもあるようです。
    ie11.png

    Internet Explorer 11についてはPreviewながら、だいぶパフォーマンス周りの改善をしてきたようなので、ちょこちょこと使用していこうかと思います。
    また、他にも気がついたことがありましたら、適宜気になったことなどを書いていこうと思います。



    関連記事

    [Zabbix][Unbound] ZabbixでUnboundの統計情報を監視する(Zabbix_sender編)。

    • 2013/06/27 10:26:07
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    いつか、そのとき、あの場所で。 | [Zabbix][Unbound] ZabbixからUnboundの統計情報を監視する方法。 /
    http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-1184.html

    以前に上記のような記事を書いたのですが、以前の方法だとUserParameterで、監視項目数分、unbound-controlがkickされることになるので、以下の様なメッセージがlogに頻繁に出てくるのと、負荷が気になって来ました。
    Jun 24 23:30:01 unbound[8176:0] info: control cmd:  stats_noreset

    有効な監視項目は全てではないとはいえ、この数分unbound-controlを実行するのは負荷やタイムアウトの懸念から現実的では無いと思いました。
    # unbound-control stats_noreset
    thread0.num.queries=66
    thread0.num.cachehits=52
    thread0.num.cachemiss=14
    thread0.num.prefetch=0
    thread0.num.recursivereplies=14
    thread0.requestlist.avg=2.21429
    thread0.requestlist.max=6
    thread0.requestlist.overwritten=0
    thread0.requestlist.exceeded=0
    thread0.requestlist.current.all=0
    thread0.requestlist.current.user=0
    thread0.recursion.time.avg=0.166255
    thread0.recursion.time.median=0.065536
    thread1.num.queries=198
    thread1.num.cachehits=172
    thread1.num.cachemiss=26
    thread1.num.prefetch=0
    thread1.num.recursivereplies=26
    thread1.requestlist.avg=2.11538
    thread1.requestlist.max=8
    thread1.requestlist.overwritten=0
    thread1.requestlist.exceeded=0
    thread1.requestlist.current.all=0
    thread1.requestlist.current.user=0
    thread1.recursion.time.avg=0.198877
    thread1.recursion.time.median=0.012288
    total.num.queries=264
    total.num.cachehits=224
    total.num.cachemiss=40
    total.num.prefetch=0
    total.num.recursivereplies=40
    total.requestlist.avg=2.15
    total.requestlist.max=8
    total.requestlist.overwritten=0
    total.requestlist.exceeded=0
    total.requestlist.current.all=0
    total.requestlist.current.user=0
    total.recursion.time.avg=0.187460
    total.recursion.time.median=0.038912
    time.now=1371663479.160258
    time.up=136.026124
    time.elapsed=136.026124
    mem.total.sbrk=17035264
    mem.cache.rrset=217221
    mem.cache.message=119837
    mem.mod.iterator=16532
    mem.mod.validator=80340
    histogram.000000.000000.to.000000.000001=0
    histogram.000000.000001.to.000000.000002=0
    histogram.000000.000002.to.000000.000004=0
    histogram.000000.000004.to.000000.000008=0
    histogram.000000.000008.to.000000.000016=0
    histogram.000000.000016.to.000000.000032=0
    histogram.000000.000032.to.000000.000064=0
    histogram.000000.000064.to.000000.000128=0
    histogram.000000.000128.to.000000.000256=0
    histogram.000000.000256.to.000000.000512=0
    histogram.000000.000512.to.000000.001024=0
    histogram.000000.001024.to.000000.002048=0
    histogram.000000.002048.to.000000.004096=4
    histogram.000000.004096.to.000000.008192=14
    histogram.000000.008192.to.000000.016384=2
    histogram.000000.016384.to.000000.032768=1
    histogram.000000.032768.to.000000.065536=1
    histogram.000000.065536.to.000000.131072=1
    histogram.000000.131072.to.000000.262144=6
    histogram.000000.262144.to.000000.524288=5
    histogram.000000.524288.to.000001.000000=6
    histogram.000001.000000.to.000002.000000=0
    histogram.000002.000000.to.000004.000000=0
    histogram.000004.000000.to.000008.000000=0
    histogram.000008.000000.to.000016.000000=0
    histogram.000016.000000.to.000032.000000=0
    histogram.000032.000000.to.000064.000000=0
    histogram.000064.000000.to.000128.000000=0
    histogram.000128.000000.to.000256.000000=0
    histogram.000256.000000.to.000512.000000=0
    histogram.000512.000000.to.001024.000000=0
    histogram.001024.000000.to.002048.000000=0
    histogram.002048.000000.to.004096.000000=0
    histogram.004096.000000.to.008192.000000=0
    histogram.008192.000000.to.016384.000000=0
    histogram.016384.000000.to.032768.000000=0
    histogram.032768.000000.to.065536.000000=0
    histogram.065536.000000.to.131072.000000=0
    histogram.131072.000000.to.262144.000000=0
    histogram.262144.000000.to.524288.000000=0
    num.query.type.A=69
    num.query.type.PTR=133
    num.query.type.AAAA=62
    num.query.class.IN=264
    num.query.opcode.QUERY=264
    num.query.tcp=0
    num.query.ipv6=12
    num.query.flags.QR=0
    num.query.flags.AA=0
    num.query.flags.TC=0
    num.query.flags.RD=264
    num.query.flags.RA=0
    num.query.flags.Z=0
    num.query.flags.AD=0
    num.query.flags.CD=0
    num.query.edns.present=0
    num.query.edns.DO=0
    num.answer.rcode.NOERROR=198
    num.answer.rcode.NXDOMAIN=66
    num.answer.rcode.nodata=12
    num.answer.secure=0
    num.answer.bogus=0
    num.rrset.bogus=0
    unwanted.queries=0
    unwanted.replies=0

    というわけで一括で値を取得する方法が無いかと探してみたところ、zabbix_senderという便利なコマンドがあることが分かりました。
    また、以下の様なWebサイト様で実際に実施する方法が掲載されていたので、参考に作ってみることにしました。

    Tricorn Labs » Zabbix Sender によるバッチ処理結果の監視 /
    http://lab.tricorn.co.jp/morikawa/3461

    zabbix_senderが素晴らしすぎる件 - zabbiたんAMIたん /
    http://d.hatena.ne.jp/zabbio/20110909/1315535169

    Blog Alpha Networking: DNSキャッシュサーバ(unbound)の統計情報をzabbixで管理 /
    http://alpha-netzilla.blogspot.jp/2013/03/dns.html

    というわけで、zabbix_senderを実行するために、データを必要な形に整形するスクリプトを書きます。
    自分自身のスクリプト力が皆無なので、全然最適化されていないと思いますが、分かる人がいらっしゃいましたらご指摘頂けますと助かります。
    ex) zbx_send_unbound.sh
    #/bin/bash

    UNIXTIME=" "`date '+%s'`" "
    ZBX_SENDER="/usr/bin/zabbix_sender"
    ZBX_SERVER="192.168.0.250"
    ZBX_SERVER_PORT="10051"
    HOSTNAME=`hostname`" "
    UNBOUND_CTL="/usr/sbin/unbound-control"
    TMP_FILE1=/tmp/unbound_stats_tmp
    TMP_FILE2=/tmp/unbound_stats

    ${UNBOUND_CTL} stats_noreset > ${TMP_FILE1}
    awk '{ print $1,$2 }' ${TMP_FILE1} > ${TMP_FILE2}
    sed -i -e "s/=/${UNIXTIME}/" ${TMP_FILE2}
    sed -i -e "s/^/${HOSTNAME}/" ${TMP_FILE2}

    ${ZBX_SENDER} -z ${ZBX_SERVER} -p ${ZBX_SERVER_PORT} -T -i ${TMP_FILE2}

    zabbix_senderコマンドの実行形式は以下のとおりです。
    zabbix_sender -z <zabbixサーバ> -p <ポート> -T -i <入力ファイル>

    ファイルに以下のような形式で出力してやると、読み込んでくれてzabbix_senderでzabbixサーバに送信してくれます。
    <hostname> <key> <timestamp> <value>
    dns1.kometch.local zone.slave 1372085581 0

    シェルスクリプトは/etc/zabbix/externalscripts/のようなディレクトリを作成してそこに格納し、スクリプト自体は以下のようにして権限を変更しておきます。
    chmod 755 /etc/zabbix/externalscripts/zbx_send_unbound.sh

    あとは以下の様な感じで、Zabbixサーバ側にアイテムを登録すれば良いと思います。
    zbx_trapper.png

    一度単独で実行し、問題なくZabbixサーバに結果が反映されていることを確認します。
    /etc/zabbix/externalscripts/zbx_send_unbound.sh
    info from server: "Processed 17 Failed 104 Total 121 Seconds spent 0.000972"
    sent: 121; skipped: 0; total: 121

    問題がないようであれば、cronに適切な時間で実行されるように登録します(以下の例では一分毎に実行されるようにしています)。
    */1 * * * * /etc/zabbix/externalscripts/zbx_send_unbound.sh

    これで、監視項目毎にunbound-controlを実行しないので、監視項目数が増えてもさほど負荷は増えないと思います。一応念のため、Zabbix Server側の負荷監視は当面注視しておこうと思います。



    関連記事

    [Kindle][Firmware] Kindle Paperwhite のファームウェア 5.3.6が公開。

    • 2013/06/26 13:39:04
    • Category: Kindle
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Paperwhite ソフトウェアアップデート /
    http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=200714040

    6月18日付けですが、Kindle Paperwhite にファームウェアの5.3.6が来ていました。
    更新内容は以下のとおり。

    引用元:Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Paperwhite ソフトウェアアップデート
    ・サンプル本の改善
    サンプル本を読んでいる時に、本の価格を確認できるようになりました。また、ツールバー上をタップするだけで、本をご購入いただけるようになりました。

    機能面での改善はないようですが、Kindleストアで本を購入する場合の改善のようで、電子書籍を便利に購入することが出来るようになったのではないでしょうか?

    気になる方は導入してみてはいかがでしょうか?



    関連記事

    [失敗][PC][修理] ThinkPad X200s のLEDインジケータが点灯しなくなったので修理してみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    9110539767_c5068b4062_n.jpg

    以前まで仕事で使用していたThinkPad X200sですが、実はLEDインジケータの調子が悪かったのですが、最近では点灯すらしなくなっていました。そこで、LEDボードを取り寄せて交換してみることにしました。

    該当のパーツは以下のものです。部品代は送料込みで1,100円程度でした。
    LED ボード(FRU:45M2812)

    それで以下を参考に該当部品の交換を実施してみたのですが、結果からいくと点灯すらせず失敗ということになりました。

    ThinkPad X200 およびX200s保守マニュアル
    http://download.lenovo.com/jp/mobiles_pdf/43Y6632_04J.pdf


    どうやら、ケーブルアセンブリーがどうやらダメになっているようです。ということで現在以下の部品を取り寄せ中です。

    LED バックライト付きLCD 用ケーブル・アセンブリー(FRU:44C9991)

    これで治ればいいのですが・・・



    関連記事

    [Network][DNS] DNSアンプ攻撃?を受けているらしい。

    • 2013/06/25 12:07:44
    • Category: Network
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    今朝方から宅内のDNSサーバの負荷が高いことが気になっていたのですが、どうやらDNSアンプ攻撃?を受けていたようです。合わせてRouterの負荷も凄いことになっていました。
    zbx_dns_amp2.pngzbx_dns_amp.png

    11:26:25.567829 IP fw.kometch.local.32935 > dns1.kometch.local.domain: 24384+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.568274 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.32935: 24384 0/1/0 (84)
    11:26:25.640984 IP fw.kometch.local.48053 > dns1.kometch.local.domain: 28587+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.641655 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.48053: 28587 0/1/0 (84)
    11:26:25.659440 IP fw.kometch.local.55530 > dns1.kometch.local.domain: 62976+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.659791 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.55530: 62976 0/1/0 (84)
    11:26:25.677437 IP fw.kometch.local.53951 > dns1.kometch.local.domain: 15488+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.677858 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.53951: 15488 0/1/0 (84)
    11:26:25.705773 IP fw.kometch.local.56555 > dns1.kometch.local.domain: 60544+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.706092 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.56555: 60544 0/1/0 (84)
    11:26:25.721647 IP fw.kometch.local.45290 > dns1.kometch.local.domain: 54533+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.721785 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.45290: 54533 0/1/0 (84)
    11:26:25.729106 IP fw.kometch.local.44182 > dns1.kometch.local.domain: 16658+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.729303 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.44182: 16658 0/1/0 (84)
    11:26:25.733107 IP fw.kometch.local.47886 > dns1.kometch.local.domain: 33446+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.733408 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.47886: 33446 0/1/0 (84)
    11:26:25.736417 IP fw.kometch.local.38737 > dns1.kometch.local.domain: 40302+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.736559 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.38737: 40302 0/1/0 (84)
    11:26:25.787998 IP fw.kometch.local.60224 > dns1.kometch.local.domain: 50424+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.793635 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.60224: 50424 0/1/0 (84)
    11:26:25.804259 IP fw.kometch.local.55000 > dns1.kometch.local.domain: 815+ RRSIG? nukes.directedat.asia. (39)
    11:26:25.804404 IP dns1.kometch.local.domain > fw.kometch.local.55000: 815 0/1/0 (84)

    Firewallのルールを見なおして、外部から内向きの53/tcp, 53/udpをちゃんと閉じるように設定しなおしました。
    ちゃんとセキュリティ対策をしていたつもりになっていましたが、抜けがあったので、この際なのでちゃんと見なおしておこうと思います。

    DNS Amplification Attacks Observer: Domain: mydnsscan.us /
    http://dnsamplificationattacks.blogspot.nl/2013/06/domain-mydnsscanus.html

    DNSキャッシュサーバを使用した「DNSアンプ」攻撃が発生中……再帰的な問い合わせを悪用 | RBB TODAY /
    http://www.rbbtoday.com/article/2013/04/18/106611.html

    DNSアンプとは 「DNSアンプ攻撃」 (DNS amp) ディーエヌエスアンプ: - IT用語辞典バイナリ /
    http://www.sophia-it.com/content/DNS%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97




    関連記事

    [RaspberryPi][NSD4] RaspberryPiにNSD4.0.0b4(スレーブ側)を導入してみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    参考情報は以下から。



    BIND9 からの卒業 – NSD4 beta4 編 « Yut@rommx.com /
    http://yutarommx.com/?p=448

    とりあえず上記を参考にして作業を進めていきます。

    1. 必要なパッケージを導入する。
    $ sudo apt-get install gcc make libssl-dev libevent-dev

    2. ソースをダウンロードしてくる。
    $ cd /tmp
    $ wget http://nlnetlabs.nl/downloads/nsd/nsd-4.0.0b4.tar.gz

    3.makeする。
    $ tar zxf nsd-4.0.0b4.tar.gz
    $ ./configure --prefix=/usr/local --enable-ratelimit \
    > --with-configdir=/etc/nsd4 --with-zonesdir=/etc/nsd4/zones \
    > --with-user=nsd --with-libevent --with-ssl \
    > --with-zonelistfile=/var/cache/nsd4/zone.list \
    > --with-dbfile=/var/cache/nsd4/zone.db \
    > --with-xfrdfile=/var/cache/nsd4/xfrd.state \
    > --with-pidfile=/var/run/nsd4/nsd4.pid \
    > --with-logfile=/var/log/nsd4/nsd4.log
    $ sudo make

    4. make installする。
    $ sudo make install
    ./install-sh -c -d /usr/local/sbin
    ./install-sh -c -d /etc/nsd4
    ./install-sh -c -d /var/run/nsd4
    ./install-sh -c -d /tmp
    ./install-sh -c -d /var/cache/nsd4
    ./install-sh -c -d /usr/local/share/man
    ./install-sh -c -d /usr/local/share/man/man8
    ./install-sh -c -d /usr/local/share/man/man5
    ./install-sh -c nsd /usr/local/sbin/nsd
    ./install-sh -c nsd-control-setup.sh /usr/local/sbin/nsd-control-setup
    ./install-sh -c nsd-checkconf /usr/local/sbin/nsd-checkconf
    ./install-sh -c nsd-control /usr/local/sbin/nsd-control
    ./install-sh -c -m 644 ./nsd.8 /usr/local/share/man/man8
    ./install-sh -c -m 644 ./nsd-checkconf.8 /usr/local/share/man/man8/nsd-checkconf.8
    ./install-sh -c -m 644 ./nsd-control.8 /usr/local/share/man/man8/nsd-control.8
    ./install-sh -c -m 644 ./nsd.conf.5 /usr/local/share/man/man5/nsd.conf.5
    ./install-sh -c -m 644 nsd.conf.sample /etc/nsd4/nsd.conf.sample

    5. 実行ユーザとグループの作成、およびディレクトリの権限変更。
    sudo groupadd -r nsd
    sudo useradd -r -d /etc/nsd -M -g nsd nsd
    sudo mkdir /etc/nsd4/zones
    sudo mkdir /var/log/nsd4
    sudo mkdir /etc/nsd4/secondary
    sudo chown -R nsd:nsd /etc/nsd4/zones/ /var/cache/nsd4/ /var/log/nsd4 /etc/nsd4/secondary

    6. nsd-controlに必要な鍵の生成
    $ sudo nsd-control-setup
    setup in directory /etc/nsd4
    generating nsd_server.key
    Generating RSA private key, 1536 bit long modulus
    .......................++++
    .....++++
    e is 65537 (0x10001)
    generating nsd_control.key
    Generating RSA private key, 1536 bit long modulus
    .....................++++
    ....++++
    e is 65537 (0x10001)
    create nsd_server.pem (self signed certificate)
    create nsd_control.pem (signed client certificate)
    Signature ok
    subject=/CN=nsd-control
    Getting CA Private Key
    Setup success. Certificates created. Enable in nsd.conf file to use

    7. configを編集する。
    sudo cp -p /etc/nsd4/nsd.conf.sample /etc/nsd4/nsd.conf
    sudo vi /etc/nsd4/nsd.conf
    server:
    ip-address:
    do-ip4: no
    do-ip6: no
    zonesdir: "/etc/nsd4/zones"
    zonelistfile: "/var/cache/nsd4/zone.list"
    database: "/var/cache/nsd4/zone.db"
    logfile: "/var/log/nsd4/nsd4.log"
    pidfile: "/var/run/nsd4/nsd4.pid"
    xfrdfile: "/var/cache/nsd4/xfrd.state"
    hide-version: yes
    remote-control:
    control-enable: yes
    control-interface: 127.0.0.1
    control-interface: ::1
    control-port: 8952
    server-key-file: "/etc/nsd4/nsd_server.key"
    server-cert-file: "/etc/nsd4/nsd_server.pem"
    control-key-file: "/etc/nsd4/nsd_control.key"
    control-cert-file: "/etc/nsd4/nsd_control.pem"
    pattern:
    name: "slave"
    zonefile: "secondary/%s.zone"
    allow-notify: <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    request-xfr: AXFR <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    zone:
    name: "kometch.local"
    zonefile: "/etc/nsd4/secondary/kometch.local.db.rev"
    allow-notify: <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    allow-notify: 127.0.0.1 NOKEY
    request-xfr: AXFR <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    allow-axfr-fallback: yes

    zone:
    name: "1.168.192.in-addr.arpa"
    zonefile: "/etc/nsd4/secondary/1.168.192.rev"
    allow-notify: <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    allow-notify: 127.0.0.1 NOKEY
    request-xfr: AXFR <マスターサーバのIPアドレス> NOKEY
    allow-axfr-fallback: yes

    8. 実行して、動作を確認する。
    $ sudo nsd-control start
    $ sudo nsd-control status
    version: 4.0.0b4
    verbosity: 1
    $ sudo nsd-control zonestatus
    zone: 1.168.192.in-addr.arpa
    state: ok
    served-serial: "2013052501 since 2013-06-23T12:34:05"
    commit-serial: "2013052501 since 2013-06-23T12:34:05"
    zone: kometch.local
    state: ok
    served-serial: "2013052502 since 2013-06-23T12:39:06"
    commit-serial: "2013052502 since 2013-06-23T12:39:06"
    $ sudo nsd-control write
    ok
    $ sudo nsd-control reload

    9. プロセスが起動していること確認する。
    $ ps -ef | grep nsd
    nsd 761 1 0 13:19 ? 00:00:00 nsd -c /etc/nsd4/nsd.conf
    nsd 762 761 0 13:19 ? 00:00:00 nsd -c /etc/nsd4/nsd.conf
    pi 813 30513 0 13:20 pts/0 00:00:00 grep --color=auto nsd
    nsd 2044 1 1 01:59 ? 00:09:26 nsd -c /etc/nsd4/nsd.conf

    10. 引けること確認する。
    # dig @192.168.1.xxxx kvm.kometch.local

    ; <<>> DiG 9.9.2-P1 <<>> @192.168.1.xxx kvm.kometch.local
    ; (1 server found)
    ;; global options: +cmd
    ;; Got answer:
    ;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 12488
    ;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 5
    ;; WARNING: recursion requested but not available

    ;; OPT PSEUDOSECTION:
    ; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
    ;; QUESTION SECTION:
    ;kvm.kometch.local. IN A

    ;; ANSWER SECTION:
    kvm.kometch.local. 600 IN A 192.168.1.aaa

    ;; AUTHORITY SECTION:
    kometch.local. 600 IN NS dns1.kometch.local.
    kometch.local. 600 IN NS dns3.kometch.local.

    ;; ADDITIONAL SECTION:
    dns1.kometch.local. 600 IN A 192.168.1.xxx
    dns3.kometch.local. 600 IN A 192.168.1.yyy

    というわけで、懸念していたRaspberryPiでも無事に導入することが出来ました。


    関連記事

    [追記あり][Zabbix][ActiveCheck] アクティブチェックでステータスが取得不可になった時の、復帰間隔の設定について。

    • 2013/06/24 10:49:27
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    ZabbixでNTPのアクティブチェックをするように変更してみたのですが、たまたまサーバを再起動したところ、ステータスが「取得不可」になる事態が発生しました。
    該当サーバ上で値が変化するまでは自動的に復帰しないのかなぁと思ったのですが、どうやらちゃんと設定項目が存在するようです。




    デフォルトでは600秒(10分)だったのでとりあえず60秒に、「RefreshActiveChecks」をデフォルトの120秒で様子を見たところ、問題なく復帰してくることを確認しました。

    ということで、取得不可の更新間隔と、RefreshActiveChecksの関係は大事だよ、という個人的なメモになってしまいました。

    追記:2013年6月24日 20:54
    とりあえずZabbix Serverへの負荷も考えて120秒から300秒へ変更してみました。



    関連記事

    [追記あり][Zabbix][NTP] ZabbixでNTPの状態について監視するようにしてみた。その2。

    • 2013/06/23 10:04:21
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    いつか、そのとき、あの場所で。 | [Zabbix][NTP] ZabbixでNTPの状態について監視するようにしてみた。 /
    http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-1185.html

    前回上記のような記事を書きましたが、Zabbixでいつもお世話になっている、自宅ラック勉強会の@qryuu さんから、以下の様なアドバイスが。


    System.runってなんだろうと思って調べてみたところ、ホスト上で引数指定されたコマンドを実行する、というものだったんですね。知りませんでした。
    今回のように、短いワンライナーで書けるようなコマンドであれば、こちらの方がzabbix_agent.d配下にファイルを個別に用意しなくてもよい、コマンドのタイムアウトを心配する必要がない、などメリットが大きいと思います。

    9 アイテム [Zabbix] /
    https://www.zabbix.com/documentation/jp/1.8/manual/config/items

    また、今回の場合は「Zabbixエージェント(アクティブ)」を指定する関係上、何か変化があればエージェント側から通知を出してくるので、いち早く変化に気が付きやすいというメリットも有ると思います。

    ただし、上記を使用するには以下のように設定を変更する必要があります。

    1. エージェント側のzabbix_agentd.confの以下の部分を変更し、system.runコマンドが使用できるようにする。
    -EnableRemoteCommands=0
    +EnableRemoteCommands=1

    2. zabbixエージェントサービスの再起動を実施する。
    # /etc/init.d/zabbix-agent restart
    Shutting down Zabbix agent: [ OK ]
    Starting Zabbix agent: [ OK ]

    3. 以下の様な感じでアイテムを登録していく。
    キー:
    「system.run[ntpq -p|grep \* |awk '{print$9}']」

    zabbix_ntp2_1.png

    こうすれば以前は個別にファイルを呼び出していたのが解消され、手順が大分簡略化されると思います。ただし、これもホスト上でZabbixユーザが実行できることが前提なので、必要に応じてグループなどに追加する必要はあると思います。

    なお、copyright by 自宅ラック勉強会(@qryuu)で、更に私が改変許可を頂いたテンプレートを以下に置いておきます。快く承諾してくださった@qryuu さんには感謝いたします。
    zbx_export_templates_NTP_20130622202633.xml

    テンプレートを適用すると以下の様なグラフが生成できるようになると思います。また今回のテンプレートにはプロセス監視も入っているので、有効活用していただければと思います。
    zabbix_ntp2_2.png

    あと以下の様なところにも注意してください(自分は引っかかりましたので)。


    追記:2013-06-23 12:10
    先ほど、くりゅー御大より、さらなるツッコミが。


    というわけでタイムアウトに関しては、コマンドを実行する以上気にする必要があるようです。







    関連記事

    [Zabbix][NTP] ZabbixでNTPの状態について監視するようにしてみた。

    • 2013/06/21 10:04:47
    • Category: zabbix
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    前回、Unboundの統計情報の監視をするようにしてみたので、今度はNTPの情報についてZabbixから監視するようにしてみることにしました。

    1. ntpq -p を実行し、値が取得できていることを確認する。
    # ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *dns3.kometch.lo 133.243.238.244 2 u 17 512 377 0.750 -7.545 0.110
    +ntp1.kometch.lo 133.243.238.163 2 u 325 512 377 0.931 -7.420 0.103

    2. /etc/zabbix/zabbix_agentd.d 配下に、以下のようなファイルを作成する。
     userparameter_ntp.conf
    # RHEL/CentOSの場合
    UserParameter=ntp.delay,/usr/sbin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $8}'
    UserParameter=ntp.offset,/usr/sbin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $9}'
    UserParameter=ntp.jitter,/usr/sbin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $10}'

    # Debian/Ubuntuの場合
    UserParameter=ntp.delay,/usr/bin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $8}'
    UserParameter=ntp.offset,/usr/bin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $9}'
    UserParameter=ntp.jitter,/usr/bin/ntpq -p | grep \* | awk '{ print $10}'
    ※同期中のサーバのみを対象としています。

    3. Zabbixサーバからzabbix_getを実行し、値が取得できていることを確認する。
    # zabbix_get -s 192.168.1.227 -k ntp.delay
    8.597

    4. Zabbix-agentサービスを再起動する。
    # /etc/init.d/zabbix-agent restart
    Shutting down Zabbix agent: [ OK ]
    Starting Zabbix agent: [ OK ]

    5. 以下の様な感じでZabbixに、ntp.delay、ntp.jitter、ntp.offsetのアイテムの登録を行う。
    zabbix_ntp_stats_3.png
    ※更新間隔についてはpollingとの兼ね合いで調整してください。

    6. グラフについても同様に登録を行う。

    7. 以下の様なグラフが出力されていることを確認する。
    zabbix_ntp_stats_1.pngzabbix_ntp_stats_2.png

    というわけで、これでNTPのステータスについても監視できるようになったと思います。
    今回も適当に作った感じになってしまいましたが、テンプレートを作成しましたので、ご自由にお使いください。問題があるようでしたらご指摘頂けますと助かります。
    zbx_export_templates_ntp.xml




    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    05 | 2013/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク