[UPS][管理] Smart UPS 1500のバッテリ交換を実施してみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    自宅にはちょっとしたラックがあり、それにAPC Smart UPS 1500を搭載していたのですが、先日よりバッテリに警告ランプが点灯してしまいました。以前に700を所有しバッテリ交換もした経験もあることから、内部のバッテリのみとある業者に発注しました。
    バッテリもすぐに到着し、いざ交換というときに問題が発生しました。

    IMG_20120927_235610.jpg

    バッテリをケースに固定している両面テープの接着力が強すぎて、バッテリが取れない!
    結局取るまでに4日間かかりました。安易に力任せに取ろうとして無理だったので、某方からアドバイスを頂きマイナスドライバーでこじって取ることが出来ました。

    IMG_20120929_192257.jpg

    あとは取り外した手順と逆に取り付けておしまい。ヒューズがそのままだと宙ぶらりんになりそうだったので、両面テープで再度貼り付け、一部接点が露出したところはスズランテープを巻いておきました(本当は耐熱チューブとか巻いておくほうがいいんでしょうけど)。

    戻してみた感じでは警告ランプも消灯し使用できています。勿論社外バッテリを使用しているため寿命や容量に不安があることは間違い無いですが。純正品を購入するお金がない以上仕方がないことです。

    マイナスドライバーが余計な出費になりましたが、とりあえず作業が無事に終了して良かったです。





    関連記事

    [備忘録][処方箋] 5回目のお薬。

     
    • 最終更新日時:2016/10/02 17:19:00

    Embed
    名称色・形・記号用法服用タイミング
    アモキサンカプセル25mg淡赤褐:白/赤1夕食後服用内服薬    1cap
    ジェイゾロトフ錠50mg白/楕円形1夕食後服用内服薬    1錠
    ドグマチール錠50mg白帯/黄白/錠1夕食後服用内服薬    1錠
    ソラナックス0.4mg錠白/錠一回に一錠 10回分頓服薬    1錠
    ソラナックス0.8mg錠(New!)白/錠一回に一錠 10回分頓服薬    1錠


    お医者様と相談して休養期間が一ヶ月延長になりました。
    まだ午後になると頭痛が出たりする現状です。
    しかしながら、復帰に向けて乗り越えねばならない体調だともおっしゃっておりました。
    無理しない程度に、頑張らない程度に体調を良くして仕事に復帰できるようにしたいと思います。




    関連記事

    [管理][備忘録] iLO3のファームウェアアップデートする際のブラウザについて。

    • 2012/09/25 10:05:31
    • Category: Software
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    日本HP - HP Integrated Lights-Out 3 (iLO 3):テクニカル仕様 /
    http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/essentials/ilo3/te.html



    なんてことを平和に呟いていますが、仕様を確認したところChromeは対応していないようでInternetExplorerとFirefoxのみが対応として表記されていました。
    備忘録としてblogに残しておこうと思います。




    関連記事

    [NAS][備忘録] FreeNAS 0.7.2からNAS4freeへアップグレードしてみた。

    • 2012/09/24 10:12:26
    • Category: Software
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    Home | NAS4Free - The Free Network Attached Storage Project /
    http://www.nas4free.org/

    自宅で使用していたFreeNASを使ったNASが、機材の電源故障で長らく使用できなくなっていました。
    交換機材であるhp ML110 G7は以前から購入していたのですが、ヤル気が乗らなくて手がついていませんでした。
    またその間にFreeNASからNAS4Freeが派生しており、気になっていたので導入を検討していました。

    今回、FreeNASからNAS4Freeへアップグレードができるという情報をドキュメントと以下のWebサイトから確認できたので、実際に実施してみることにしました。

    引用元:NAS4Free - Browse /NAS4Free-9.1.0.1/9.1.0.1.273 at SourceForge.net
    Upgrading from FreeNAS server =============================
    This version supports upgrading from FreeNAS 0.7.2 or 0.7.5.
    The supported lowest config version is 8.9. (0.7.2.5246)

    Before 0.7.2.5246 is never supported in NAS4Free.
    Also, restoring FreeNAS config is never supported.
    The password in FreeNAS config is never changed.
    If you want change it, use "3) Reset WebGUI Password" of Console setup.

    First boot of NAS4Free after upgrading from FreeNAS, it takes special convert mode for NAS4Free config 1.0.
    Once it finished, you can't downgrade to FreeNAS.
    Don't forget create backup configuration of NAS4Free after upgrading!

    FreenasからNAS4Freeへ | Highspec Diary /
    http://yamatomura.blogspot.jp/2012/09/freenasnas4free.html

    1. NAS4Freeのサイトから「NAS4Free-x64-embedded-9.1.0.1.xxx.img」ファイルをダウンロードする

    2. ファイル名のx64の部分をamd64に修正する。

    3. 「ファームウェア」から対象のファイルを使用してアップグレードを行う。

    4. 再起動後NAS4Freeになっていることを確認する。

    5. コンソールから「6) Shell」を選択し、Shellモードに切り替える。
     ※ただアップグレードしただけではZFS Poolが移行されないため。

    6. 以下のコマンドを入力し、ZFS Poolが接続されていないことを確認する。
    zpool list

    7. 元環境からあるZFS PoolがZFSから認識されていることを確認する。
    zpool import

    8. 以下のコマンドを入力し、ZFS Poolをインポートする。参照Webサイトにもあるように、-fオプションを付けて強制的にインポートする必要がある。
    zpool import -f <インポート対象ZFS Pool名>

    9. 以下のコマンドを入力し、ZFS Poolがインポートされたことを確認する。
    $ zpool list
    NAME SIZE ALLOC FREE CAP DEDUP HEALTH ALTROOT
    zpool 1.00T 750G 425G xx% 1.00x ONLINE -

    10. 以下のコマンドを入力し、ZFSバージョンのアップグレードを行う。
    zpool upgrade <インポート対象ZFS Pool名>

    11. 以下のコマンドを入力し、ZFSのバージョンが正常にアップグレードされたことを確認する。
    $ zpool upgrade -v
    This system is currently running ZFS pool version 28.

    The following versions are supported:

    VER DESCRIPTION
    --- --------------------------------------------------------
    1 Initial ZFS version
    2 Ditto blocks (replicated metadata)
    3 Hot spares and double parity RAID-Z
    4 zpool history
    5 Compression using the gzip algorithm
    6 bootfs pool property
    7 Separate intent log devices
    8 Delegated administration
    9 refquota and refreservation properties
    10 Cache devices
    11 Improved scrub performance
    12 Snapshot properties
    13 snapused property
    14 passthrough-x aclinherit
    15 user/group space accounting
    16 stmf property support
    17 Triple-parity RAID-Z
    18 Snapshot user holds
    19 Log device removal
    20 Compression using zle (zero-length encoding)
    21 Deduplication
    22 Received properties
    23 Slim ZIL
    24 System attributes
    25 Improved scrub stats
    26 Improved snapshot deletion performance
    27 Improved snapshot creation performance
    28 Multiple vdev replacements

    For more information on a particular version, including supported releases,
    see the ZFS Administration Guide.

    12. 再度WebGUIからZpoolが認識されていることを確認する。
     認識されていないようであれば「ディスク|ZFS|設定|検出」から、正常に認識されているかを確認する。
     されていないようであれば「同期」から設定情報を同期するようにする。

    以上がアップグレード手順になります。問題があるようであればご教示ご指摘いただければ助かります。



    関連記事

    [IT][勉強会] 「qpstudy 2012.09 秋なのに怖い話 〜障害発生編〜 #qpstudy」に参加してきた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    _9220945.jpg

    qpstudy 2012.09 on everevo /
    http://everevo.com/event/2200

    qpstudy 2012.09 秋なのに怖い話 〜障害発生編〜 #qpstudy - Togetter /
    http://togetter.com/li/377627

    2012年9月22日にIT勉強会らしくない勉強会、qpstudyに参加してきました。
    今回は夏から少し遅れてしまいましたが、夏といえば怖い話ということで、ITに纏わる怖い話を聴くという勉強会となりました。
    当日の様子についてはtogetterを見ていただくのが一番早いと思います。
    本編は本当に背筋が凍るような話があり、懇親会でも色々とLightning Talkがなされ好評なようでした。
    次回はLT大会になるかもということなので、参加を考えられている方は是非LT資料を作って参加されるのがいいと思います。



    私については、色々とご迷惑をお掛けしつつ勉強会スタッフとして手伝わさせていただきました(受付でロウソク立ててた人です)。後半にちょっと体調を崩して迷惑をかけてしまいましたが、色々な方に声を掛けていただいてとても嬉しく、また元気を貰うことができました。
    次回も頑張って参加したいと思います。

    参加された皆様、リーダー、スタッフの皆様、会場提供のニフティ様、本当にお疲れ様でした。

    _9220939.jpg

    ※番外編

    ちなみに勉強会主催者ことリーダーについては以下の感じのようでした。





    関連記事

    [Alaxala][NW] Alaxala AX2430S-48Tを譲っていただいた。

    • 2012/09/21 13:36:34
    • Category: Network
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    IMAG0021_.jpg

    AX2400S:アラクサラネットワークス株式会社 /
    http://www.alaxala.com/jp/products/AX2400S/index.html

    Twitterでは懇意にしていただいている@SRCHACKさんから、Alaxala AX2430S-48Tを譲っていただきました。
    インテリジェントL2スイッチというやつですね。
    とりあえず自宅で使用していたDELL PowerConnect 5424を置き換えて使用することにしています。

    以前より使用していたPowerConnectよりも騒音が減ったので、これで少しは部屋で過ごすのが楽になりそうです。




    関連記事

    [VMware][備忘録] ESXi 5.0環境から5.1へアップデートした際にVMware Toolsをアップデートするときの注意点。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    VMware ESXi 5.0 update 1 環境から5.1へアップデート出来たので、早速「旧バージョン」と表記されるようになったVMware Toolsをアップデートしようとしたところ以下のメッセージが表示されました。

    キャプチャ

    メッセージにあるように、ストレージから各仮想マシンのvmxファイルに対して以下の文字列を追記してあげることで、VMware Toolsをアップデート出来ることを確認しました。
    isolation.tools.guestInitiatedUpgrade.disable = "FALSE"

    ※ちなみ編集する際はESXiサーバに対してSSH接続を行い、vmxファイル自体を直接viで編集しました。

    もしお困りの方がいらっしゃいましたら参考にして頂けると幸いです。



    関連記事

    [VMware][備忘録] vSphere Hypervisor (ESXi) 5.1へアップデートを試してみた。[成功]

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    いつか、そのとき、あの場所で。 | [VMware][備忘録] vSphere Hypervisor 5.1へアップデートを試してみた。[失敗] /
    http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-1022.html

    前回の記事でアップデートがうまくいかなかったと書きましたが、手順を一部変更したところアップデートがうまくいきました。

    1. VMware ESXi 5.0 update 1 をインストールする
    2. VMware ESXi 5.0 update 1向けの最新版のパッチを(念のため)適用する。
    3. 先ほどの手順でアップデートを試みるが、以下の手順を変更する。
    (以前)

    esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/datastore1/VMware-ESXi-5.1.0-799733-depot.zip -p ESXi-5.1.0-799733-standard

    (今回)

    esxcli software profile install -d /vmfs/volumes/datastore1/VMware-ESXi-5.1.0-799733-depot.zip -p ESXi-5.1.0-799733-standard

    これでアップデートしたところ、問題なく動作するようになりました。


    しかも、アップデートしたところIntel NICは以前と同様に認識されていました。







    関連記事

    [VMware][備忘録] vSphere Hypervisor (ESXi) 5.1へアップデートを試してみた。[失敗]

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    VMware Front Experience: [Updated] How to update your (free / whitebox) ESXi server to ESXi 5.1 /
    http://v-front.blogspot.de/2012/09/how-to-update-your-free-whitebox-esxi.html

    いつか、そのとき、あの場所で。 | [VMware] VMware ESXi 5.1 build 799733 が出てた。[追記あり] /
    http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-1019.html

    上記以前の記事でESXi5.1 のインストール出来ないと記事を書きましたが、アップデートする方法ならうまくいくんじゃないかと考え、探してみたところ手順があったの早速チャレンジしてみました。
    手順自体はパッチを当てる手順と同様です。

    ~ # esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/<ボリューム>/VMware-ESXi-5.1.0-799733-depot.zip
    Name Vendor Acceptance Level
    -------------------------- ------------ ----------------
    ESXi-5.1.0-799733-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
    ESXi-5.1.0-799733-standard VMware, Inc. PartnerSupported
    ~ #
    ~ #
    ~ # esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/<ボリューム>/VMware-ESXi-5.1.0-799733-depot.zip -p ESXi-5.1.0-799733-standard
    Update Result
    Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
    Reboot Required: true
    VIBs Installed: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_esx-dvfilter-generic-fastpath_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_esx-tboot_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_esx-xlibs_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_esx-xserver_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.01.31-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.1-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-0.0.799733, VMware_bootbank_net-be2net_4.1.255.11-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-bnx2_2.0.15g.v50.11-7vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-bnx2x_1.61.15.v50.3-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-cnic_1.10.2j.v50.7-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-2vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-e1000e_1.1.2-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-enic_1.4.2.15a-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-igb_2.1.11.1-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-ixgbe_3.7.13.6iov-10vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-nx-nic_4.0.558-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-r8169_6.011.00-2vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-s2io_2.1.4.13427-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-sky2_1.20-2vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-tg3_3.110h.v50.4-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-13vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-6vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-sata-sil24_1.1-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-bnx2i_1.9.1d.v50.1-5vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.3-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-21vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-lpfc820_8.2.3.1-127vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_5.34-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_10.00.00.00-5vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-6vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-6vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-qla2xxx_902.k1.1-9vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-4vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_scsi-rste_2.0.2.0088-1vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.510.0.0.799733, VMware_locker_tools-light_5.1.0-0.0.799733
    VIBs Removed: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.18.768111, VMware_bootbank_esx-tboot_5.0.0-0.0.469512, VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.01.07-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.1-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_misc-drivers_5.0.0-1.18.768111, VMware_bootbank_net-be2net_4.0.88.0-1vmw.500.0.7.515841, VMware_bootbank_net-bnx2_2.0.15g.v50.11-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-bnx2x_1.61.15.v50.1-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-cnic_1.10.2j.v50.7-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-2vmw.500.1.18.768111, VMware_bootbank_net-e1000e_1.1.2-3vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_net-enic_1.4.2.15a-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-igb_2.1.11.1-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-ixgbe_2.0.84.8.2-10vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-nx-nic_4.0.557-3vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-r8169_6.011.00-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-s2io_2.1.4.13427-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-sky2_1.20-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-tg3_3.110h.v50.4-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-6vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-4vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-bnx2i_1.9.1d.v50.1-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.3-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-17vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-lpfc820_8.2.2.1-18vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_5.34-1vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_06.00.00.00-6vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-5vmw.500.1.18.768111, VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-qla2xxx_901.k1.1-14vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-rste_2.0.2.0088-1vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_locker_tools-light_5.0.0-1.18.768111
    VIBs Skipped:
    ~ #


    build Number 799733で起動することは確認できたのですが、何故かvSphere Clientで接続できない状況になりました。
    Management Agentを再起動した利したのですが状況は改善せず、一旦Configをリセットしてみたところ、今度は有効なNetwork Adapterが見つからないというメッセージがでて、一切入力が効かない状況になり、そこで詰みました。




    是非ともこの問題が分かる方がいらっしゃいましたらご教示ください。



    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク