2011年を振り返って。

    • 2011/12/31 12:00:50
    • Category: 雑記
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    年の瀬も押し迫った今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    2011年も振り返ると色々なことがありました。
    自分の備忘録として、また来年に向けての下地となるようにこの一年を振り返っておこうと思います。

    1. 3月11日について
    言うまでもなく、東北福島沖で起きた、東日本大震災です。
    ちょうどあの日は東京に出張の予定があったので、新幹線に乗車中でした。品川を通過しまもなく東京ということで下車準備をしていたところ、車内に緊急停止のアナウンスが流れました。座った途端に揺れに襲われましたが、あのような経験は二度とはしたくないものです。
    N700系に乗っていたので電源に困ることはなかったので、情報収集にはあまり困りませんでした。また、Twitterが使えていたというのも大きかったと思います。
    自社から友人宅への徒歩、帰宅困難者の列、東京駅から西日本へ移動される人の多さに、色々と驚いて帰ったのを覚えています。
    また、両親や兄弟が仙台に在住していたため数日間は色々とストレスの貯まる日々でもありました。幸いにして両親や兄弟には何もなかったのですが、地震や津波の被害の映像を見るたびに、何ともやるせない気持ちになりました。

    2. 勉強会について
    去年の勉強会への参加を皮切りに、今年も色々と多くの勉強会に参加することができました。
    自費での東京との往復を考えると、あまり考えたくないぐらいお金を掛けてしまったような気がしますが、お金をかけただけの得るものがあったと思っています。また、勉強会スタッフとして色々と参加する機会も多く得ることができ、運営サイドとして色々と学ぶ機会も多かったです。
    また、7月には念願かなって自分自身で勉強会を開く機会を持つことができました。自分自身が学びたいと思っていたipv6に関する勉強会ですが、今のところ経験者の方から教えて頂くという立場の勉強会ですが、来年はハンズオンなどを交えて参加者全員で勉強する場にしていこうと考えています。
    また、12月に参加した勉強会初心者の方向けの勉強会では、普段聞くことができない意見や情報もありました。また、ipv6studyへの率直な意見も頂いたので、それを改善できるよう来年は頑張っていこうと思います。

    3. 仕事について
    今年一年は勉強会を通じて、仕事に対する取り組みについて色々と悩む機会が多かった一年でした。
    勉強会では自分と同い年かまた下の年齢の方でも多くの優秀な方と出会うことで、自分自身のキャリアパスについて、真正面から向きあう機会が多く、また悩むことも多かったです。
    今までの仕事の取り組み方、または技術習得に対する姿勢についても非常に多く考えさせられる年でもありました。また、幸いにして勉強会でお世話になった方々から色々とご助言を頂くことができ、自分なりに今後の取り組み方が見えたような気がします。
    2012年1月をもって今の現場を去り、2月からまた東京に戻ることとなりました。東京以外で取り組まなければいけないことを残しているので、東京に戻った後も色々と取り組んで行こうと思います。

    4. 自分自身について
    東日本大震災以降、色々と精神的に滅入ることが多くありました。また、TwitterやFacebookを通してのコミュニケーションを取る機会も増え、物理とWebでの二面性より色々と悩んだり、追い詰められることも増えました。色々と対応策や付き合い方について模索しているところですが、解決策が見つかっていません。意外に腹を割って話せる友人が少ないんだなと、今回ぼっちを認識させられました。
    とはいえ来年は少し環境も変わるので、それを起点に解決していければと思います。
    また、来年は少し機材の購入については自重しようかと考えています。もう少しじっくりと向き合い、また他の技術の習得に邁進していこうと思います。あと、巷で言われている某IYH神は引退します。

    それでは皆様良いお年をお迎えください。



    関連記事

    #hbstudy 28に参加してきた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    hbstudy#28(ビギナー枠) : ATND /
    http://atnd.org/events/23268

    hbstudy# 28 SELinux ハンズオン - やったるでぇ /
    http://d.hatena.ne.jp/ishikawa84g/20111224/1324702169

    先週の話ですが、hbstudy 28が12月23日に麹町で行われたので参加してきました。
    今回のメインはSELinuxハンズオンということで、まず滅多に聞けない内容で、且つハンズオンで行われるということなので飛んで行きました(いや移動は新幹線でしたが)。
    今回の会場は麹町にあるKDDIウェブコミュニケーションズで行われまして、非常に綺麗な会場でした。
    前半はSELinuxについての説明、後半はSELinuxハンズオン、及びLTという流れで行われました。
    普段はとりあえずdisabledにするということを刷り込まれているわけですが、どうしてSELinuxはあるのか、どのようにすれば使っていくことができるのか、ということで非常に貴重な経験をすることができました。また、本来であれば結構な金額を取られるような講座内容らしいので、その意味でも本当に有意義な勉強会でした。
    ただ、資料のボリュームが半端なく、あまりメモすることができていないので、年末年始に思い出しながら少しやり直してみようかと思います。

    講師のishikawa84gさん、勉強会企画のhbstudyさん、会場のKDDIウェブコミュニケーションズさん、本当にありがとうございました。




    関連記事

    【自分用メモ】ネームサーバをお名前comから AWS Route 53へ切り替えた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    お名前.comのnameserverからAmazon Route 53に変更する方法 /
    http://kuni92.net/article/209837857.html

    suz-lab - blog: "Route 53"&"R53 Fox"で"Google Apps"のメール設定 /
    http://blog.suz-lab.com/2011/07/route-53-foxgoogle-apps.html

    Google Spreadsheets の Apps Script で Amazon Route 53 を管理する - WebOS Goodies /
    http://webos-goodies.jp/archives/manage_amazon_route_53_using_google_apps_script.html

    前々からお名前comで取得したドメインで、Google Appsを利用していたのですが、以前より気になっていたけで手を出せていなかった、Amazon Web Services(AWS) Route 53へ切り替えてみました。
    とはいえAWSは実のところ初挑戦でしたので、上記のWebサイトを参考しながら作業を実施しました。

    1. AWSのアカウントを作成する。
    Amazon Route 53 /
    http://aws.amazon.com/jp/route53/
    上記のところからアカウントを作成しました。基本的には案内通りに入力していけば問題ありませんが、クレジットカードを使用することと、登録した電話番号へ自動音声で確認を求められるところが注意かなと。
    そして、送付されるメールにてActivationをするととりあえずアカウントの作成は終了。

    2. Amazon Route 53へ申し込む。
    Amazon Route 53 /
    http://aws.amazon.com/jp/route53/
    「今すぐ申し込む」をクリックするとすぐに有効になると思います。

    3. AWS Management Consoleを使用し、レコード情報を設定する。
    Management Consoleへログインしたら、以下の手順で必要な情報を登録していく。
    ・「Create Hosted Zone」をクリックし、ドメイン名および必要に応じてコメントを入力する。
    ・Hosted Zoneから詳細情報を参照し、「Create Record Set」をクリックし、必要な情報を入力していく。今回はお名前comからの移行なので、お名前comで入力していた情報をそのままコピーする。
    ※SPFレコードだけ、お名前comではTXTレコードで記述していたものを、SPFレコードで登録するようにしました。
    範囲を選択_001

    4. お名前comのネームサーバーを変更する。
    お名前comへログインし、「ネームサーバー情報変更」から「他のネームサーバーを利用」を選択し、AWS Management ConsolekのNSレコードの4つを上から登録する(ドメインの末尾のドットは含めない)。
    技術担当者情報については、必要事項を入力する。

    5. 最後にdigやらnslookupなどで正しくレコード情報が引けていれば問題ないかと思います。

    % dig @8.8.8.8 komeho.info

    ; <<>> DiG 9.7.3 <<>> @8.8.8.8 komeho.info
    ; (1 server found)
    ;; global options: +cmd
    ;; Got answer:
    ;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 43615
    ;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

    ;; QUESTION SECTION:
    ;komeho.info. IN A

    ;; AUTHORITY SECTION:
    komeho.info. 899 IN SOA ns-803.awsdns-36.net. awsdns-hostmaster.amazon.com. 1 7200 900 1209600 86400

    ;; Query time: 262 msec
    ;; SERVER: 8.8.8.8#53(8.8.8.8)
    ;; WHEN: Thu Dec 15 01:04:14 2011
    ;; MSG SIZE rcvd: 113


    色々と首っ引きで作業を実施したのですが問題なくできたようです(DNS絡みは人様に迷惑をかけることもあるので、本来は慎重に実施してください)。
    問題点や指摘事項などあればいただけますと助かります。



    #ipv6study 2011.12を開催してきた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    IPv6について勉強しませんか? #ipv6study - Google グループ /
    https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/ipv6study

    IPv6study 2011.12 on Zusaar /
    http://www.zusaar.com/event/173058

    12月3日に東京は大崎にあるフューチャーアーキテクト様に会場を借りて、ipv6study 2011.12を開催して参りました。
    今回、メインパートとして、IPv6勉強会の主宰者であるMURAさんにお願い致しまして、"IPv6いろはの「い」"という内容でして頂きました。
    内容については下記のありますUstならびにTogetterを参照していただければと思います(Ustに関しては、こちらの手違いで録画できておりませんでした。参考資料をご参照ください)
    今回も初心者向けにフォーカスしていただいたのですが、非常にわかりやすい内容であったような気がします。あとはこれを実践するだけかなというのが、自分の状況ですね。

    また、Lighting Talkも直前に名乗り出ていただけた方も含めて5名の方にしていただけました。

    ・@nagi2100さん「俺のMTAがこんなに可愛いわけがない+IPv6の設定なんかGUIじゃないんだからねっ+あの日起きたフォールバックの原因を僕達は知らない」
    ・@ttkzwさん「復習リソースレコード」
    ・@ttkzwさん、@ipv6labsさん「DNSとIPv6トラブル事例」
    ・@kongou_aeさん「IPv6普及監視BOTについて」
    ・@takatayoshitakeさん「いつかはじめるipv6」

    ありがとうございました。今回は少し辛めに5分で切るようにしてみましたがどうだったんでしょうか? 感想をいただければなと思います。

    懇親会は会場のビルにある居酒屋さんで食べ飲み放題+鍋という、まぁ忘年会シーズンらしい構成で行いましたが、大旨好評だったのかなと思います。懇親会についても感想などあれば嬉しいです。

    今回は勉強会中でも少しお話ししましたが、拙い進行で申し訳ありませんでした。前回の反省点として挙げた部分があまり改善していたなかったので、次回はもっといい方向で出来ればといいなと思っております。

    何にせよ、講師をしていただいたMURAさん、LTをしていただいた方々、会場を提供していただいたフューチャーアーキテクト様、会場でお手伝いしていただいたスタッフの皆さん、会場に来て参加していただいた方々、Ustで参加された皆様、本当にありがとうございました! 次回もよろしくお願い致します。

    USTREAM: ipv6study: . /
    http://www.ustream.tv/channel/ipv6study

    IPv6study 2011.12 #ipv6study - Togetter /
    http://togetter.com/li/223018

    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    11 | 2011/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク