【自分用】/etc/crontab に記述がないのに、logrotateが実行される仕組み。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    FedoraのCrontabの動きを調べてみた - eth0jpの日記 /
    http://d.hatena.ne.jp/eth0jp/20110301/1298972224

    logrotateを弄っているときにふと疑問に思ったことが。

    ”/etc/crontabにlogrotateの記述がないのに、どうしてlogrotateが実行されるのか”

    上記の参照Webサイトに書いておりました。
    最終的には /etc/anacrontab が実行されてるんですね。

    # cat /etc/anacrontab

    # /etc/anacrontab: configuration file for anacron

    # See anacron(8) and anacrontab(5) for details.

    SHELL=/bin/sh
    PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
    MAILTO=root
    # the maximal random delay added to the base delay of the jobs
    RANDOM_DELAY=45
    # the jobs will be started during the following hours only
    START_HOURS_RANGE=3-22

    #period in days delay in minutes job-identifier command
    1 5 cron.daily nice run-parts /etc/cron.daily
    7 25 cron.weekly nice run-parts /etc/cron.weekly
    @monthly 45 cron.monthly nice run-parts /etc/cron.monthly



    関連記事

    VMware ESXi 5.0へのパッチ(ESXi500-201109001)の適用方法。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    Download /
    http://www.vmware.com/patchmgr/download.portal

    vSphere Command-Line Interface Concepts and Examples /
    http://pubs.vmware.com/vsphere-50/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-50-command-line-interface-solutions-and-examples-guide.pdf

    vSphere Upgrade Guide /
    http://pubs.vmware.com/vsphere-50/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-50-upgrade-guide.pdf

    先月出たばかりの5.0ですが、9月13日付けで早くもパッチが出ていたので早速適用してみました。
    適用方法については上記に上げているGuideを参照していただければ良いのですが、4.xと少しコマンドが違うところに注意が必要です。
    パッチ自体は「Download」から必要なモノをダウンロードしてください。執筆段階では「ESXi500-201109001.zip」がダウンロードできると思います。

    1. パッチをダウンロードする。
    2. ESXiサーバのSSHを有効にする。
    3. データストアブラウザを開き、1でダウンロードしたパッチをデータストアの適当な場所にアップロードする。
    4. 全てのゲストOSを停止し、メンテナンスモードへ切り替える。
    5. ESXiサーバへSSHログインする。
    6. 以下のコマンドを入力し、パッチを適用する。

    # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/<データストア名>/ESXi500-201109001.zip


    7. 数分待って、以下の結果が出力されることを確認する。

    Installation Result
    Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
    Reboot Required: true

    VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-0.3.474610, VMware_locker_tools-light_5.0.0-0.3.474610
    VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-0.0.469512, VMware_locker_tools-light_5.0.0-0.0.469512
    VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_esx-tboot_5.0.0-0.0.469512, VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.01.07-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.1-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_misc-drivers_5.0.0-0.0.469512, VMware_bootbank_net-be2net_4.0.88.0-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-bnx2_2.0.15g.v50.11-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-bnx2x_1.61.15.v50.1-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-cnic_1.10.2j.v50.7-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-e1000e_1.1.2-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-enic_1.4.2.15a-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-igb_2.1.11.1-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-ixgbe_2.0.84.8.2-10vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-nx-nic_4.0.557-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-r8169_6.011.00-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-s2io_2.1.4.13427-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-sky2_1.20-2vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_net-tg3_3.110h.v50.4-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-6vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-bnx2i_1.9.1d.v50.1-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.3-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-17vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-lpfc820_8.2.2.1-18vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_4.32-1vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_06.00.00.00-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-5vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-qla2xxx_901.k1.1-14vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.500.0.0.469512


    8. 出力されているようにESXiサーバを再起動する。
    9. 再起動してきたら、メンテナンスモードを解除し、ゲストOSを起動する。
    10. 「5.0.0, 46952」から「5.0.0, 474610」に切り替わっていることを確認する。



    関連記事

    【自分用】 tail -f と tailf

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    ログの確認の際に以下のコマンドを使用していたが違いが分からなかったのでメモ。

    確認環境:Scientific Linux release 6.1 (Carbon)

    「tail -f [FILE]」

    それぞれの FILE の末尾 10 行を標準出力へ出力する。複数の FILE が与えられた場合は、与えられたファイル名をヘッダとして先に出力する。 FILE が与えられなかった場合、あるいは FILE が - の場合には標準入力から読み込む。
    ファイルの内容が増え続ける時、追加されたデータを出力する

    TAIL(1)


    「tailf [FILE]」

    tailf はファイルの末尾 10 行を表示し、その後ファイルに追加される行を待ち続ける。 tailf は tail -f と似ているが、ファイルへの追加書き込みがないとファイルへアクセスを行わない。
    したがってファイルのアクセス時間は更新されないので、ログに関る動作が起らない間は、定期的なファイルシステムのフラッシュも生じない。

    tailf は、ラップトップで、あまり頻繁に書き込まれない状態のログファイルを監視にする場合に大変便利である。ハードディスクをスピンダウンさせ、電池を長持ちさせることができる。

    TAILF(1)


    短時間で確認するときはtailで、ログが頻繁に更新され、且つ長時間かかるようであればtailfで、のような使い分けが良いのかな?




    関連記事

    【失敗】ESXiにWindows8 Developer Previewのインストールを試みてみた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    Windows Dev Center /
    http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

    窓の杜 - 【NEWS】Microsoft、次期Windowsのプレビュー版「Windows Developer Preview」を無償公開 /
    http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110914_477356.html

    windows8.png
    昨日の14日に開発者向けに公開されたWindows8ですが、とりあえず自宅に構築してあるVMware ESXi 5.0に導入できるか試して見ました。
    結果から先にお伝えすると上記の画像の如くインストールすら出来ませんでした。
    ちなみに試したのは32bit版です。
    エラーメッセージは「HAL_INITIALIZATION_FAILED」なので、HAL周りの初期化が出来ていないみたいですね。詳細についてはこれから調べてみようかと思います。

    さらに64bit版の場合は、インストールの初期化?が始まると同時に電源が勝手にOFFになってしまいました。

    いまのところHyper-VとかParalles、VirtualBoxとかなら仮想環境でも動作するみたいですね。

    自分の場合は仕方がないので、最近譲っていただいたX60sに32bit版をインストールして動作を確認していました。
    内容については纏まるようであればblogにまとめたいと思います。




    関連記事

    【メモ】ESXi用ストレージサーバの検討

    • 2011/09/09 09:11:45
    • Category: 雑記
     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    【構築にあたって】
    現在、自宅環境にあるESXiサーバのデータストアとして Thecus N4100Proを使用しているが、古いということで性能が出ないこともあって、別のストレージへの移行を検討している。
    とりあえず現状で考えている構成案に覚え書きとして残しておく。

    ベース:hp Microserver 【購入済み】
    日本HP - HP ProLiant MicroServer - モデル /
    http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/micro/

    OS:NexentaStor 3.1.1
    NexentaStor Project /
    http://www.nexentastor.org/

    Mem: pqi DDR3-1333 4GB*2【購入済み】

    NIC: Intel PRO/1000 PT Dual Port Server Adapter (Low Profile)【購入済み】
    Intel® PRO/1000 PT Dual Port Server Adapter /
    http://www.intel.com/content/www/us/en/network-adapters/gigabit-network-adapters/pro-1000-pt-dp.html

    HDD: HITACHI HDS721050CLA362 500GB 16MB【購入検討】
    Deskstar 7K1000.C /
    http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K1000.C/


    ザックリと。
    ・NexentaStorが3.1.0でVAAIに対応したこと
     →ただし、ESXiでVAAIが使用できるのは、EssentialかEssential Plus以上とのこと。家庭で使う分には関係ありませんでした。
    ・ZFSが使用できること
    ・Dual Port NICを使用することで、iSCSIに本体、NIC各々から1ポートずつ割り当てることで、マルチパスで構成
    ・残りの1ポートはService系に接続し、管理用とする
    ・いずれはSSDを搭載することで、ZILないしL2ARCを使用することができ、パフォーマンスの向上を図ることが出来る



    関連記事

    BINDのとあるエラーログの対処。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    BINDサーバに大量のエラーログ Vine 5.0 » ORBIT SPACE /
    http://www.rosx.net/blog/archives/2255

    Too many timeouts resolving / disabling EDNS messages - Google グループ /
    https://groups.google.com/forum/#!topic/comp.protocols.dns.bind/z6jGPsa9CNY


    /var/log/named/default.logを見た際に見つけたエラー。

    08-Sep-2011 09:41:16.822 edns-disabled: info: success resolving 'planet.fedoraproject.org/A' (in '.'?) after reducing the advertised EDNS UDP packet size to 512 octets
    08-Sep-2011 10:00:04.087 edns-disabled: info: success resolving 'fedoraproject.org/A' (in '.'?) after reducing the advertised EDNS UDP packet size to 512 octets


    原因の究明はとりあえず、対応方法について上記Webサイトにあったので対応。

    logging {
    category lame-servers {null; };
    category edns-disabled { null; };
    };


    少し時間をおいて見た限りでは出力されなくなったようだ。

    さらにWebサイトで検索してみたところ、逆引きの問題であるよう。継続して確認してみることにする。

    追記:2012年12月4日
    今更見返してみると、これは対処じゃなくて単なる出力の抑止をしているだけですよね・・・



    関連記事

    ESXi 5.0 で「iscsi_vmk loaded successfully」が表示されたまま、起動に時間がかかる症状について。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    VMware Communities: Hang on boot, plus other multi-iscsi... /
    http://communities.vmware.com/thread/300133

    VMware Communities: extremely long boot time (crash?) on... /
    http://communities.vmware.com/message/1816797

    表題の通りなんですが、ESXi5.0環境において4.1ではCLIから設定しなければいけなかったPort Bindingの機能が、GUIから行えるようになりました。
    早速設定をして再起動してみたところ、何故か起動に時間がかかる症状が見受けられました。

    諸事情により4.1からのアップデートはしなかったのですが、逆に新規インストールしている環境ですので、問題が出るとは考えにくく、あるとすればネットワーク周りかなと最初は疑っていました。
    1日時間をおいて改めてネットで情報を探してみたところ上記のWebサイトが見つかりました。

    根本的な理由は分からないものの、ワークアラウンドというか回避策が掲載されていました。

    引用元:VMware Communities: extremely long boot time (crash?) on...
    1. Go to the vSphere 5.0 iSCSI Software Adapter propty.
    2. Go to network configuration tab
    3. unbind all pNIC that bind to vSphere 5.0 iSCSI Software Adapter (Just click the "Remove" button.)
    4. Register iSCSI Storage ip address using Dynamic discovery or Static discovery tab
    5. Rescan using "Rescan All" link.
    6. That's all...


    1. 「構成」ー「ストレージアダプター」からiscsi software adapterのプロパティを開く
    2. ネットワーク構成タブを開く
    3. ポートバインドされているNICを全て削除する。
    4. 動的検出タブにiSCSIストレージのIPアドレスを登録する
    5. 「すべてを再スキャン」をクリックする
    6. 以上

    これで再起動を実施して確認したところ、起動中に時間がかかる現象は無くなりました。
    しかしながらこれではPort Binding機能を無効にすることになるので、マルチパスが使用できないことになります。

    コミュニティに報告されている方もこのバグ?については分からないと言っています。自分自身もWebで情報を探してみた感じでは、これ以上問題について解決する手段を見つけることは出来ませんでした。

    記事をご覧の方で問題を解消する手段をご存じの方は、是非とも教えていただければと思います。



    関連記事

    「ストレージ友の会 #sfstudy 02」に参加してきた。

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    ストレージ友の会 sfstudy #02(一般枠) : ATND /
    http://atnd.org/events/19257

    ストレージ友の会 sfstudy #02(女性・学生枠) : ATND /
    http://atnd.org/events/19258

    oshiire*BLOG? Blog Archive ? [sfstudy] 数字で見る #sfstudy #2 [ストレージ友の会] /
    http://oshiire.to/archives/1504

    oshiire*BLOG? Blog Archive ? [sfstudy] #sfstudy 02 収支報告 /
    http://oshiire.to/archives/1500

    遅くなりましたが、先週の土曜日9月3日に開催されたストレージ友の会に参加してきました。
    ちょうどこの週末は勢力の大きい台風が西日本を直撃しており、また、東日本もその影響を受けて天候が荒れていましたが、なんとか新幹線が動いておりましたので参加してきた次第。
    場所はお馴染みの大森にあるニフティ株式会社で行われました。
    私は図々しくも受付をお手伝いさせていただきました。

    今回のテーマは「バックアップについて」。お題も「本当のバックアップってものを見せてやる」というモノでした。
    形式としては座談形式ではなく、幾人かで固まって話し合いを行うグループディスカッション方式で行われました。
    受付組は恒例となった「チーム受付」という形で参加することになりました。

    与えられた内容は以下の通り。

    バックアップへの要求事項
    ・24/365 連続稼働予定のデータベースサーバー
    ・3TB 以上のデータ蓄積があり、年率 20% 程度の伸張率でデータが増えていきます。(5年後6.2TB)
    ・ディスクは専用装置
    ・0時を静止点とするデータがバックアップには必要です
    ・毎日、テープへのバックアップが必要です
    ・常にオンライン業務で利用しており、バックアップ取得時に極限まで I/O への負荷がかからないようにデザインする必要があります
    ・OS、DBMSは自由
    ・評価は奇抜さと低コスト


    これに従う形でディスカッションを進める形で行われました。

    チーム受付としては、最初に自己紹介を行い、そのあと自然と自社でのバックアップ環境について話し合いが行われました。
    そして話の中から自然とAmazonのAWSを採用する感じで話が進んでいきました。自分はAWSを使ったことがないので、付いていくのに精一杯でしたが、色々なサービスがあることが分かったのは自分にとって大変貴重な機会でした。

    というわけで、チーム受付の発表資料は以下の通りです。


    当日は風は強かったのですが崩れはしなかったので非常に良かったと思います。
    また懇親会でも色々な方と情報交換したり出来たので、最近色々煮詰まっていたのが解消できたなぁと思います。

    勉強会当日の雰囲気は以下のTogetterに纏まっていると思うので、気になる方は見てみては如何でしょうか。
    Togetter - 「ストレージ友の会 sfstudy #02 本当のバックアップってものを見せてやる #sfstudy」 /
    http://togetter.com/li/183629

    映像媒体は以下をどうぞ。
    Ustream.tv: ユーザー sfstudy: ストレージ友の会 #sfstudy 09/03/11 02:27AM, ストレージ友の会 #sfstudy 09/03/11 02:27AM. コンピュータ /
    http://www.ustream.tv/recorded/17040026


    関連記事

    SDカードにインストールしたESXi 4.1 update 1にパッチ適用が出来ない

     
    • 最終更新日時:-0001/11/30 00:00:00

    Embed
    Issue Patching ESXi 4.1 U1 installed on USB / SD Media @ Jonathan Medd's Blog /
    http://www.jonathanmedd.net/2011/06/issue-patching-esxi-4-1-u1-installed-on-usb-sd-media.html

    現在常駐している現場で起きた問題。
    スタンドアローンで稼働しているVMware ESXi 4.1 update 1なサーバがあったのですが、いざ host update utility 4.0でパッチを適用しようとしたところスキャンが出来ない状態でした。さらに「最近のタスク」欄には以下の方なメッセージが(実際は日本語で出力されていましたが)。

    「The host returns esxupdate error codes: 10. Check the Update Manager log files and esxupdate log files for more details」

    とりあえずTech Support Modeでログインし、/var/log配下を確認してみましたがめぼしい出力はなし。
    ということでWeb検索したところ参考のWebサイトが見つかりました。

    文章を見ると/var/tmpに問題があるとのこと。
    さらに、コメント欄にはこういう風にすれば良いというように書かれていたので、それで作業してみることにしました。
    実際に見てみると、/var/tmpは/tmpのシンボリックが張られています。そしてもう一つ/vat/tmp/scratchが/tmp/scratchにリンクを張っているのですが、/tmp内にscratchディレクトリ以下がありませんでした。
    ということで、以下のコマンドを入力し、再度 Host Update Utilityを実行したところ問題なく、スキャンならびにパッチの適用が出来ました。

    mkdir -p /tmp/scratch/var/tmp


    実行環境:
    Server:DELL PowerEdge R610
    OS:VMware ESXi 4.1 update Dell Customized A03(SD Installed)



    関連記事

    Pagination

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    08 | 2011/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazonアソシエイト

    スポンサードリンク

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク