[IT][勉強会] Nutanix Community Meetup #2 に参加してきた。

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    NutanixのMeetupの第2回めが開催されたので参加してきました。

    今回は、先日公開されたNutanix Community Editionのインストール方法と、.NEXT Conferenceの報告会という内容でした。

    とりあえず書き殴ったメモを置いておきます。

    技術解説
    ・登録数ワールドワイド3200Over
    ・参加ノットイコールPublic Beta Download

    ・システム要件
    ・事前準備
    ・インストール
    ・ログインと初期設定
    ・VMの作成
    ・Tips

    ・システム要件
    NCE(KVM)の起動イメージをUSBメモリから読み込む
    SSDとHDDについてはCVMが掴んで使用する
    最小システム要件
    CPU:Intel製物理4コア
    メモリ:16GB
    ストレージ:RAID0(LSI)もしくはAHCI
    Hot tier:SSD200GB以上
    Cold tier:HDD:500GB
    NIC:Intel

    Example:Cisco、DELL、HP、SuperMicro
    Nested環境:
    Intel VT-xPassthru
    VMware Player、Workstation、ESXi、Fusion
    KVM?
    メモリ:16GB
    少ない場合には、ページングファイルのサイズを増やす

    ・事前準備
    1.事前登録
    2.ご案内のメールが届く
    3.ダウンロードしたバイナリを解凍
    4.imgファイルをUSBメモリに書き込み(ddなどで)

    Nestedの場合
    OSタイプの選択は:CentOS 64bitを選んで置くのが無難
    プロセッサ:仮想化エンジン→Intel VT-x EPT またはAMD-V
    ディスク:SATA:imgをce-flat.vmdkにリネーム
    同一フォルダに"ce.vmdk"を作成
    SCSI:0:0 200GB、0:1 500GB

    BIOS:SATAの起動順を上に

    インストール
    ログインプロンプト
    Nestedの場合:
    1.ログイン root/nutanix/4u
    2.デバイス名の確認
    3.fdisk -l
    echo 0 > /sys/block/sda/queue/rotational
    cat /sys/block/sda/queue/rotational
    4.ログアウト

    インストーラーの開始
    ユーザー名:install
    1.CVMとHostのIPアドレスとサブネットマスク、デフォゲを設定
    2.Create single-node cluster?
     →1ノード構成の場合の作業を自動でやってくれる
     →192.168のセグメントの場合は動作しないため、チェックは入れない
    3.EURAを最後まで読む
    4.License Agreementに同意

    1.インストールが正常に完了すると、SUCCESSと表示されるのを確認する
    2.Enterを押してログインプロンプトに戻る
    3.CVMのIPアドレスを確認する。SSHで接続する nutanix / nutanix/4u

    Clusterの作成&DNS設定
    Clusterの作成:cluster -s -f create

    DNSの設定:ncli
    cluster add-to-name-servers servers=""

    ※アクティベーションのときだけ、Internet接続が必要

    ログインと初期設定
    1.https://:9440/console/ に接続
    2.adminユーザのパスワードを設定
    3.adminユーザでログイン
    4.NCのアカウントで認証
    5.成功するとDashboardが表示される

    Acropolis→Nutanixのハイパーバイザー

    インストール完了後にすべきこと
    Storage Pool:物理ディスクを束ねたもの
    Container:論理ストレージ(データストア)

    仮想マシンの作成
    1.ISOイメージのアップロード
    2.仮想ネットワークの作成
    3.仮想マシンの作成
    4.ゲストOSのインストール

    ISOイメージのアップロード
    ・CIFS/NFSによるアップロード
    ・SFTPによるアップロード:CVM:2222、UIのユーザで認証(Cluster Admin権限以上)
    ・Tips:ISOイメージ専用のContainerを作ると整理しやすい

    Tips
    重複排除を使用すると、CVMのリソースは多めに使用する
    WindowsGuest OS
    インストール時:VirtIO SCSIドライバーを読み込ませる必要
    インストール後:VirtIOのBalloonとNICのドライバーが必要

    正しいシャットダウン
    1.ゲストVMを全てシャットダウン
    2.Clusterを停止:CVM上でcluster stop
    3.CVMをシャットダウン
    4.Hypervisorをシャットダウン


    ゲストVMを起動した時、OS not foundの場合はミニゲームが起動する
    監視の場合はAPIを強く推奨:SNMPは腐っているらしい



    .NEXT Conferenceフィードバック
    Nutanixが開催した第1回のユーザーカンファレンス
    1000名弱

    Nutanix Xtream Computing Platform
    Acroplice


    個人的に気になったのは、.NEXTの報告にあったNutanixのハイパーバイザーであるAcropolis関連ですかね。
    各Hypervisorを横断的にまたげるようになったり、変換しあって使い勝手を良くしたり。また、筐体の範囲を超えてCloudをもまたいでいくというのは、必然的な流れなのかなと思いました。

    ただそうなるとNutanixって、どこからお金を取っていく方向に進んでいくのか、気になるところではありました。

    あと、早くCommunity Editionのインストールを進めないと・・・




    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1888-f2ca3b2e

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazon アフィリエイト

    スポンサードリンク

    Latvia Time

    IPv4/IPv6

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク