[IT][仮想化][勉強会] Nutanix Community Meetup #1 に参加してきた。#nutanix

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    Hyper-converged Infrastructureを掲げる、気鋭の仮想化向けアプライアンスメーカ、NutanixのMeetupが開催されたので参加してきました。

    17993739128_3341663b16_m.jpg
    17993742228_c3c02941f8_z.jpg
    17993931180_6d210316a1_z.jpg
    18155139336_a4d466c7f1_z.jpg
    17995413439_e2e498eb6e_z.jpg


    とりあえず先にメモったことを。

    どんな会社?
    ・2009年創業
    ・ビジネス規模300M$
    ・導入実績日本100例程度
    ・多くのセグメントで使用されている

    ITインフラの”これまで”と”これから”
    Nutanixの技術概要



    ITインフラの”これまで”と”これから”

    これまでのインフラ(FC-SANの場合)
    サーバーSANー共有ストレージ
    ・RAIDグループの設定
    ・LUN設定
    ・FCドライバ設定
    ・ゾーニング
    ・LUNマッピング
    ・マルチパスの設定
    ・フォーマット、マウント

    これまでのインフラの抱える問題
    ・根本的に複雑
    ・限られたスケーラビリティ
    ・非効率なサイロ化、分断


    これからの形 hyper converged infrastructure
    ・ソフトウェア処理で、仮想化環境のサーバと共有ストレージを単一のHWに統合
    ・スモールスタート
    ・拡張しやすい
    ・とにかくシンプル

    市場動向(2014年12月)
    ・いくつかある
    ・VMware、EMCなど
    ・全体の52%ほど

    技術概要
    ・WEBスケールIT
    ・GoogleやFBのDC
    ・超大規模をどうやって運用管理するか?
    ・故障への対応、スケーラビリティの確保、TCO抑制

    →価格への追求
    ・汎用的なHWを使用する
    ・すべてSWで制御する
    ・計算処理やデータを分散させる

    普通のIT環境にも大きなメリット

    nutanix controller VM
    CVM(Controller virtual Machine)
    単一のストレージプールに論理統合→NDFS
    Hyper Visorには以下のものが使用できる
    ・KVM、Hyper-V、VMware

    Controller virtual Machine
    Nutanixにおける分散ストレージの仕組みにおいて、もっとも重要なコンポーネント
    ・クラスタのすべてのノード上で動作
    ・Hypervisorからは、共有ストレージとしてマウント
    ・ユーザ空間で実行(実装上重要)
    ・PCI Path-throughでサーバの内蔵ディスクへ直接アクセス
    ・他ノード上のCVMと互いに通信(監視、データ分散処理)

    ・IOパス
    VMがディスクIOを行うと、多くのデータがHVとCVMが接続された内部仮想スイッチをとおて、筐体内で処理される
    ・CVMはHVの内部仮想スイッチに接続される
    ・HVは上記で持ったIPアドレスでアクセスマウントする
    ・各ノード上のCVMは、データのレプリケーションとノード間通信のために外部仮想スイッチに接続され、各部が異なるIPアドレスを保つ

    高い性能と高可用性
    ・データは常にローカルのディスクに書き込み
    ・高可用性のためにほかのノードにもデータを複製
    ・高IO性能を出すために、複製は複数のノードに分散される

    読み込み
    ・基本的にローカルのディスクから
    ・ライブマイグレーションを行った後など、データがローカルにない場合のみ、他のノードから読み込む

    ノードダウン
    ・あくまでローカルのディスクにデータを寄せる、が基本
    ・他ノードとは10GbEで接続されている
    ほとんどの顧客ではRF2コピーで足りている(RF3もある)

    あるノードでCVMのみダウンした場合
    ・VMはそのノード上で動き続ける
    ・冗長データパス
    ・static routeが追記され、パスを確保する
    ・CVMのアップデート時もこの動作

    NDFS(Nutanix Distributed File System)
    ・データの分散、メタデータの管理
    ・エラー回復、自動リカバリ
    ・データは市制御、キャッシュ、ティアリング、バランシング
    ・HV統合用API対応

    DCのインフラをリニアに拡張
    ・1ノード単位で拡張可能(最低3ノードから)

    リファレンスArchitecture
    ・6Uサイズで1000ユーザを展開
    ・880デスクトップを6分で起動

    まとめ
    サーバとストレージを統合した仮想化環境向け
    優れた管理性、性能、可用性、拡張性

    Community Edition
    日本では今日プレスリリース予定
    →実際には6月8日からダウンロード可能の予定
    製品
    ・ソフトウェアにて提供
    ・BYOハードウェア
    ・1,3,4ノードの構成
    ・Replication Factor1、RF2のサポート
    ・基本、IntelのCPUおよびNICでしか起動しない
    →他ので試したら起動もしなかった

    サポート
    ・NEXTCommunityへの登録が必要
    ・100%Communityサポート
    ・本番環境以外での使用
    ・Community Edition専用ライセンス
    ・Communityから製品版へのアップグレードパスはなし


    とりあえず構造としてはシンプルに作られているということを強調していました。(分散系はCassandraが使われているそうです)なるべく差分のデータ転送などで済むようにしたりしているので、確かにスモールスタートからノードを増やしていくのも楽そうな構造をしているなというのが感想でした。

    その後の懇親会では以下の様な疑問も出てました。
    ・大規模なノードになった時、果たしてバックエンドは10GbEで足りるのか?(レイテンシ、そもそもの通信の増大)
    ・CVMが8vCPUって食い過ぎでは?(実際に使えるリソースの大半が持って行かれているイメージ)
    →CVMがGUIがストレージコントローラーの機能を担っているので分かる気もするのですが。
    ・形的にはWhitebox Linux?
    →全てをソフトウェアで処理する、と聞かされてイメージしたのがそれでした。
    ・GUI周りはきっちりと作られているので、自社で専任の監視さんがいないようなところでは導入はいいかもしれない

    アプライアンスの価格は分かりませんが、OpenStackほどの環境を用意しなくても良いけど、これからは仮想基盤を用意しないといけないというところには、いいパッケージングなのではないかと思いました。

    第2回のMeetupも開催されることが決定しているので、そちらにも参加してみようかと思います。



    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1878-381dced6

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazon アフィリエイト

    スポンサードリンク

    Latvia Time

    IPv4/IPv6

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク