[仮想化] VirtualBox 5.0 のファーストBetaがリリース。

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    最近は細かな修正で、新機能実装などの大きな動きのなかったVirtualBoxですが、メジャーバージョンアップとなる5.0 Beta 1がリリースされていた模様です。

    Index of /virtualbox/5.0.0_BETA1/ /
    http://download.virtualbox.org/virtualbox/5.0.0_BETA1/

    主な更新内容は以下のとおり。

    VirtualBox 5.0 will be a new major release. Here is an incomplete list of changes:

    • Paravirtualization support for Windows and Linux guests to improve time-keeping accuracy and performance
    • Make more instruction set extensions available to the guest when running with hardware-assisted virtualization and nested paging. Among others this includes: SSE 4.1, SSE4.2, AES-NI, POPCNT, RDRAND and RDSEED
    • xHCI Controller to support USB 3 devices (requires the Extension Pack)
    • Drag and drop support (bidirectional) for Windows, Linux and Solaris guests
    • Disk image encryption (requires the Extension Pack)
    • GUI: Detach mode: Terminate the GUI but keep the VM running and re-attach to a running VM process (see here).
    • GUI: VM guest-content scaling support (including 3D acceleration)
    • GUI: New User Interface settings page for customizing status-bar, menu-bar and guest-content scaling
    • GUI: New Encryption settings tab for customizing encryption options for disk images
    • GUI: HiDPI support including application icons and optional unscaled HiDPI output on Mac OS X (including 3D acceleration)
    • GUI: Hotplugging support for SATA disks
    • New, modular audio architecture for providing a better abstraction of the host audio backends
    • USB hard disks
    • Support for the NDIS6 networking framework on Windows (default on Vista and later)

    バグフィックスなどは以下のとおりです。
    • VMM: improved timing on Solaris hosts with older VT-x hosts without preemption timers
    • VBoxManage: when exporting an appliance, support the suppression of MAC addresses, which means they will be always recreated on import, avoiding duplicate MAC addresses for VMs which are imported several times
    • USB: added USB traffic capturing
    • Made resizing X11 guests work more reliably
    • API: block the removal of the current snapshot if it has child snapshots (only relevant for VMs without snapshottable hard disks, their presence always prevented removal), which resulted in VM config corruption
    • API: mark VM configs with snapshots but without current snapshot as inaccessible, as this combination is nonsense
    • API: fix information for some automatically generated events (only with XPCOM, Windows host was not affected), which caused errors when getting some of the attributes over the webservice (bug #12379)
    • API: fix crashes in Java API clients using the XPCOM binding, happened with output parameters only (bug #11232)
    • API: a number of settings (e.g. network settings) can now also be changed when the VM is in saved state


    目玉はパラバーチャライゼーションに対応したとか、USB3.0対応、ディスクイメージの暗号化対応などでしょうか。

    最近はVMware PlayerやParallelsなどにも勢いで負けている感じがあるので、少しでも盛り返して欲しいところです。




    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1812-915a0406

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazon アフィリエイト

    スポンサードリンク

    Latvia Time

    IPv4/IPv6

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク