[自分用メモ][mikrotik] Routerboardでスクリプトを活用して、一括でパラメータを設定する方法。 #routerboard

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    Manual:Scripting - MikroTik Wiki /
    http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:Scripting

    Routerboardを触っていると、インターフェースなどのパラメータを一括で変更したい時があると思います。例えばAlaxalaですとgigabitethernet0/1-24 のような感じで、インターフェースを範囲指定して、パラメータを変更することが出来ます。

    Routerboardの場合はそのままでは出来ないのですが、スクリプトを使用することができるので、これと併用することでインターフェースの一括指定によるパラメータの設定を行うことが出来ます。

    #検証機材
    CRS125-24G-1S
    例えば以下の様なインターフェースがあるとします。
    [admin@MikroTik] /interface ethernet> print 
    Flags: X - disabled, R - running, S - slave
    # NAME MTU MAC-ADDRESS ARP MASTER-PORT SWITCH
    0 S ether1 1500 D4:CA:6D:FA:38:54 enabled none switch1
    1 RS ether2 1500 D4:CA:6D:FA:38:55 enabled none switch1
    2 RS ether3 1500 D4:CA:6D:FA:38:56 enabled none switch1
    3 RS ether4 1500 D4:CA:6D:FA:38:57 enabled none switch1
    4 S ether5 1500 D4:CA:6D:FA:38:58 enabled none switch1
    5 RS ether6 1500 D4:CA:6D:FA:38:59 enabled none switch1
    6 RS ether7 1500 D4:CA:6D:FA:38:5A enabled none switch1
    7 RS ether8 1500 D4:CA:6D:FA:38:5B enabled none switch1
    8 S ether9 1500 D4:CA:6D:FA:38:5C enabled none switch1
    9 S ether10 1500 D4:CA:6D:FA:38:5D enabled none switch1
    10 RS ether11 1500 D4:CA:6D:FA:38:5E enabled none switch1
    11 RS ether12 1500 D4:CA:6D:FA:38:5F enabled none switch1
    12 S ether13 1500 D4:CA:6D:FA:38:60 enabled none switch1
    13 S ether14 1500 D4:CA:6D:FA:38:61 enabled none switch1
    14 S ether15 1500 D4:CA:6D:FA:38:62 enabled none switch1
    15 S ether16 1500 D4:CA:6D:FA:38:63 enabled none switch1
    16 RS ether17 1500 D4:CA:6D:FA:38:64 enabled none switch1
    17 S ether18 1500 D4:CA:6D:FA:38:65 enabled none switch1
    18 S ether19 1500 D4:CA:6D:FA:38:66 enabled none switch1
    19 RS ether20 1500 D4:CA:6D:FA:38:67 enabled none switch1
    20 S ether21 1500 D4:CA:6D:FA:38:68 enabled none switch1
    21 S ether22 1500 D4:CA:6D:FA:38:69 enabled none switch1
    22 RS ether23 1500 D4:CA:6D:FA:38:6A enabled none switch1
    23 RS ether24 1500 D4:CA:6D:FA:38:6B enabled none switch1
    24 RS sfp1 1500 D4:CA:6D:FA:38:6C enabled none switch1

    こちらについて、ethernet Portのrx-flow-controlとtx-flow-controlをデフォルトのOFFからautoに一括で変更したい場合は、以下の様なスクリプトを書いて実行してやることでパラメータを変更することが出来ます。
    [admin@MikroTik] > :for i from=0 to=23 do={/interface ethernet set rx-flow-control=auto tx-flow-control=auto numbers=$i}

    これはナンバーに対応するインターフェースをfor文で回し、それに対してsetコマンドでパラメータ設定を行うことで一括で設定を行うことが出来るというものです。

    他にも以下に例文集があるのでそちらを参考にしながら、色々とパラメータをいじってみるのもいいのではないでしょうか?

    Manual:Scripting-examples - MikroTik Wiki /
    http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:Scripting-examples




    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1398-4cfa163e

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazon アフィリエイト

    スポンサードリンク

    Latvia Time

    IPv4/IPv6

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク