[Linux][Kernel] Linux Kernel 3.13系列を独自カーネルコンパイルした際の、KVMゲストのvirtio_blk.koを有効にする方法。

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    いつか、そのとき、あの場所で。 | [Linux][Kernel][自分用メモ] Linux Kernel 3.13系列で起動時に「module scsi_wait_scan not found」となってしまった時の対処方法。 /
    http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-1360.html

    以前に上のような記事を書いたのですが、その後bugzillaに回避策が報告されたのでここにメモとして残しておこうと思います。

    Bug 60758 – module scsi_wait_scan not found kernel panic on boot /
    https://bugzilla.kernel.org/show_bug.cgi?id=60758#c57

    Bug 1067669 – Dracut must include kernel modules referencing symbol "blk_mq_init_queue" just like those referencing symbol "blk_init_queue" /
    https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1067669

    回避策は以下のとおりです。

    1) check if virtio_blk is in intrd:
    # for i in /boot/initramfs-* ; do echo $i: ; lsinitrd $i | grep virt ; done

    2) if virtio_blk is missing in the relevant initrd, then

    # echo 'add_drivers+="virtio_blk"' >/etc/dracut.conf.d/force-vitio_blk-to-ensure-boot.conf
    (NOTE that the .conf extension is mandatory !)

    3) then rebuild the initrd


    まずはinitramfsに対してgrepを実行し、virtio_blk.koが含まれているか否かを確認します。
    含まれていなかった場合は、以下のコマンドを実行し、dracutコマンドにパラメータを追加します。
    echo 'add_drivers+="virtio_blk"' >/etc/dracut.conf.d/force-vitio_blk-to-ensure-boot.conf

    その後は通常通り、カーネルコンパイルを実行します。すると以下の様な感じで最初から組み込まれた形でコンパイルできていると思います。
    # lsinitrd /boot/initramfs-3.13.4-kometch-build-20140221.img | grep virt
    -rw-r--r-- 1 root root 22744 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/block/virtio_blk.ko
    drwxr-xr-x 2 root root 0 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/virtio
    -rw-r--r-- 1 root root 17072 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/virtio/virtio_balloon.ko
    -rw-r--r-- 1 root root 13216 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/virtio/virtio.ko
    -rw-r--r-- 1 root root 19944 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/virtio/virtio_pci.ko
    -rw-r--r-- 1 root root 19448 Feb 21 21:45 lib/modules/3.13.4-kometch-build-20140221/kernel/drivers/virtio/virtio_ring.ko


    また、こちらは試していないのですが、RedHatのBugzillaには以下の様な回避策が掲載されています。
    /usr/share/dracut/modules.d/90kernel-modules/installkernel を開きます。
    "blk_init_queue"の後に追加する形で"blk_mq_init_queue"を追加します。
    これを行うことで、virtio_blk.koが組み込まれるようです。

    間違いなど有りましたらご指摘ください。




    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://kometchtech.blog.fc2.com/tb.php/1374-c5e66905

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    Profile

    kometch

    Author:kometch
    なんちゃってエンジニアです。
    2009年10月から業務都合により大阪勤務になりました。
    2010年1月、HYBRID W-ZERO3を購入しました。
    2010年11月、HTC Desire HDを購入しました。
    2012年2月、都内の会社に転職しました。
    2012年5月、HTC One Xを購入しました。
    2012年8月、事情により休職しました。
    2012年8月、SONY Xperia SXを購入しました。
    2013年1月、一身上の都合により退職しました。
    2014年3月、都内の会社に就職しました。
    2016年8月、HPC系の会社に転職しました。

    Amazonほしい物リスト
    何か問題などありましたら、こちらまで。 Twitter:@kometchtech follow us in feedly

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    全記事(数)表示

    全タイトルを表示

    バロメーター

    カテゴリー

    カテゴリークラウド

    アーカイブ

    検索フォーム

    FC2カウンター

    現在の閲覧者数

    現在の閲覧者数:

    Amazon アフィリエイト

    スポンサードリンク

    Latvia Time

    IPv4/IPv6

    月間ページランキング

    ブログパーツ

    サイトランキング

    スポンサードリンク